人気「回転寿司」6社を徹底比較!最もお得な株主優待はどれ?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

気軽にお寿司を食べられることで人気の回転寿司だが、そんな回転寿司チェーンの株主になると一体どんな株主優待がもらえるのだろうか。

そこで今日は、人気回転寿司チェーン上位6社の株主優待を紹介したいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人気回転寿司チェーンは?

競争の激しい回転寿司業界だが、2020年の売上ランキングは以下のようだ。

1位 スシロー
2位 くら寿司
3位 はま寿司
4位 カッパ寿司
5位 元気寿司
6位 すし銚子丸

それでは、これらの回転寿司チェーンの株主優待を見ていこう。

スシロー

FOOD & LIFE COMPANIES(3563)
何がもらえる? 優待食事券
いつ買えばいい? 2022年3月29日
2022年9月28日
(年2回)
いくら買えばいい? 約33万円
(100株)
配当金は? 2,250円
(100株)
優待と配当の合計利回り 1.35%

2017年3月に東証一部に上場したばかりの「スシロー」だが、2021年に吉野家ホールディングス傘下にあった京樽を買収し、その名称をFOOD & LIFE COMPANIESに商号変更した。

そんなFOOD & LIFE COMPANIESの株主優待は全国のスシローや大衆寿司居酒屋「鮨・酒・肴 杉玉」などで利用できる食事券が年間2,200円分もらえる。

ただ、少し優待の額が少ないのが残念だ。

くら寿司

くら寿司(2695)
何がもらえる? 優待食事券
いつ買えばいい? 2022年4月26日
(年1回)
いくら買えばいい? 約31万円
(100株)
配当金は? 2,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 1.45%

くら寿司は、100株の保有(約30万円の投資)で2,500円分の優待食事券が年に1回もらえる。
必要投資額がちょっと高いのが気になるね。
30万円も投資をするのだったら少なくてもこの優待を年に2回は欲しいところだ。

はま寿司

ゼンショーホールディングス(7550)
何がもらえる? 優待食事券
いつ買えばいい? 2021年9月28日
2022年3月29日
(年2回)
いくら買えばいい? 約28万円
(100株)
配当金は? 2,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 1.43%

はま寿司は、飲食店業界1位のゼンショーホールディングス(7550)が展開している回転寿司チェーンだ。

約28万円の投資で年間2,000円分の優待食事券がもらえる。

利回りで見るとそこまで良くないが、「はま寿司」だけでなく、「すき家」や「ココス」などで使える優待がもらえるのは嬉しい。

かっぱ寿司

カッパ・クリエイトホールディングス(7421)
何がもらえる? 優待ポイント
いつ買えばいい? 2022年3月29日
2022年9月29日
(年2回)
いくら買えばいい? 約13万円
(100株)
配当金は? 無し
優待と配当の合計利回り 4.62%

業界4位のかっぱ寿司は、約13万円の投資で年間6,000円分の優待ポイントがもらえる。
利回りはなんと4.0%以上。

売上では、近年他の上位3社に差をつけられているが、株主優待の内容、利回りはダントツで良い。

元気寿司

元気寿司(9828)
何がもらえる? 優待食事券
いつ買えばいい? 2022年3月29日
2022年9月28日
(年2回)
いくら買えばいい? 約24万円
(100株)
配当金は? 2,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 2.08%

急成長中の元気寿司だが、株主優待は、約24万円の投資で年間3,000円分の優待食事券がもらえる。
優待と配当を合わせた利回りは、かっぱ寿司の次に良いようだ。

すし銚子丸

銚子丸(3075)
何がもらえる? 優待食事券
いつ買えばいい? 2022年5月27日
2022年11月28日

(年2回)
いくら買えばいい? 約11万円
(100株)
配当金は? 600円
(100株)
優待と配当の合計利回り 1.45%

千葉県に本社を置く「すし銚子丸」は、約11万円の投資で年間1,000円分の優待食事券がもらえる。
これまでご紹介した5社と比べると、最も必要投資額が少ないのがこの銚子丸だ。

利回りはそれほど良くないが、気軽に投資できるのは嬉しいね。

いかがだっただろうか。
今回は人気回転寿司チェーンの株主優待を紹介した。

是非気になるものがあれば、検討してみてはいかがだろうか。

タイトルとURLをコピーしました