ミルボン(4919)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。
今回はミルボン(4919)の株主優待と配当について分析していく。

ミルボン(4919)
何がもらえる? 優待ポイント(1ポイント=100円)
いつ買えばいい? 2021年12月28日
(年1回)
いくら買えばいい? 約65万円
(100株)
配当金は? 6,300円
(100株)
優待と配当の合計利回り 1.43%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミルボン(4919)の株主優待の内容

まずは、ミルボン(4919)の株主優待の内容だ。

ミルボン(4919)の株主優待は自社商品と変換可能なポイント(1ポイント100円相当)だ。

保有株数が100株以上500株未満の場合、30ポイント(3年以上の場合60ポイント)。
500株以上の場合、120ポイント(3年以上の場合150ポイント)がもらえる。

年に1回、12月末日時点の株主に配布される。

ポイントは自社製品と交換可。
30ポイント:エルジューダ グレイスオン セラム(120ml)など2種類から1点
60ポイント:“milbon” リペアシリーズ HEAT ヒートプロテクティブ シャンプー(200ml)&トリートメント(200g)など3種類から1セット
120ポイント:クロナ シャンプー フォーカラードヘア(360ml)&クロナ トリートメント フォーカラードヘア(360g)、エルジューダ グレイスオン エマルジョン(120ml)など3種類から1セット
150ポイント:インプレア ローション(200ml)、インプレア エマルジョン(100ml)、インプレア ジェルクリーム(40g)など、3種類から1セット。

日頃からミルボンの製品を使用している人にとっては嬉しい優待だね。

ミルボン(4919)とはどんな会社?

株式会社ミルボン(英: Milbon Co., Ltd.)は、美容サロン用ヘア化粧品専門企業。

主に、染毛剤・パーマ剤・ヘアケア製品が主力である。

* 1960年 – 大阪市東淀川区にて、ユタカ美容化学株式会社として設立。
* 1965年 – 現社名に改称、本社を大阪市旭区に移転。
* 1996年 – 日本証券業協会に店頭登録。
* 2000年 – 東京証券取引所2部に上場。
* 2001年 – 東京証券取引所に1部へ指定替え。
* 2017年 – 本社機能を東京都中央区京橋二丁目の「京橋エドグラン」に移転。

(参考:ウィキペディア)

ミルボン(4919)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のミルボン(4919)の株価は、6,510円(2021年10月時点)だ。
100株だと「約65万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、ミルボン(4919)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料920円がかかる。(SBI証券の場合)
クロス取引についてはこちら

約65万円の投資で年間3,000円相当の株主優待がもらえるので、優待利回りは0.46%だ。

利回りで見るとかなり少ないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、12月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2021年12月28日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、12月28日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の12月29日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

ミルボン(4919)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のミルボン(4919)は魅力的かを見ていこう。

ミルボン(4919)の配当利回りは、0.97%だ。

100株分、約65万円投資したら→年間6,300円
500株分、約325万円投資したら→年間31,500円がもらえる。

配当も物足りないね。

配当の基準日は?

ミルボン(4919)の配当の基準日は12月末日だ。

実際の権利確定日は、2021年12月28日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にミルボン(4919)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは1.43%だ。

うーん、物足りないね。
これだったら優待と配当目当ての投資はあまりオススメできない。

もっと良い銘柄はたくさんある。
次に行こう。
ミルボン(4919) IR情報

これから株式投資を始めてみようと思われている方は、是非以下の記事も併せて読んでみてもらいたい。
証券会社で迷うなんて時間の無駄!株を始めるならSBI証券にした方がいい理由

タイトルとURLをコピーしました