キッコーマン(2801)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回はキッコーマン(2801)の株主優待と配当について分析していく。

キッコーマン(2801)
何がもらえる? 自社商品詰め合わせ
いつ買えばいい? 2023年3月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約69万円
(100株)
配当金は? 6,100円
(100株)
優待と配当の合計利回り 1.03%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キッコーマン(2801)の株主優待の内容

まずは、キッコーマン(2801)の株主優待の内容だ。

キッコーマン(2801)の株主優待は、キッコーマン製品詰め合わせだ。

株の保有期間が1以上で、なおかつ保有株数が100株以上1,000株未満の場合、1,000円相当。
3年以上で、保有株数が100株以上1,000株未満の場合、2,000円相当。
1年以上で、保有株数が1,000株以上の場合、3,000円相当。
3年以上で、保有株数が1,000株以上の場合、5,000円相当がもらえる。

年に1回、3月末日の株主に配布される。
なお、優待の発送は6月下旬から7月上旬のようだ。

醤油などの製品がもらえるようなので、家計に直接役立つのが嬉しいね。

キッコーマン(2801)とはどんな会社?

キッコーマンは、千葉県野田市に本社を置く、醤油などを中心とする調味料メーカーだ。

元々、1661年に上花輪村名主19代高梨兵左衛門が野田で醤油醸造を始めたのがきっかけだった。

商標を「キッコーマン」に統一したのは、1940年。
さらに、1949年には、東京証券取引所一部に上場している。

現在では、醤油のシェアが、国内で30%、海外では50%で、2位のヤマサに大きな差をつけ1位となっています。

東証プライム。
1917年設立。

従業員数(連結)は7,645人。

売上高は4681億19百万円。
純利益は288億28百万円。
純資産は3114億02百万円だ。
(2021年時点)

(参考:ウィキペディア)

キッコーマン(2801)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のキッコーマン(2801)の株価は、6,930円(2022年6月時点)だ。
100株だと「約69万円」で購入できる。

キッコーマンの場合、株主優待をもらうためには、1年以上の保有が必要なため、ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引には向かない。

クロス取引についてはこちら

約69万円の投資で、1,000円相当の株主優待がもらえるわけだから、優待利回りは0.14%だ。

かなり少ないね。
ほんの気持ちという感じだ。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2023年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

キッコーマン(2801)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のキッコーマン(2801)は魅力的かを見ていこう。

キッコーマン(2801)の場合、配当利回りは0.88%だ。

100株分、約69万円投資したら→年間6,100円
500株分、約345万円投資したら→年間30,500円がもらえる。

配当もかなり少ないね。

最後にキッコーマン(2801)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは1.03%だ。

正直全くお得さはない。
最近は以前に比べて株価がかなり下がってきたが、それでも優待と配当目当てに投資をしようとは思えなかった。

残念だが、次に行こう。

キッコーマン IR情報

タイトルとURLをコピーしました