TOTO(5332)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回はTOTO(5332)の株主優待と配当について分析していく。

TOTO(5332)
何がもらえる? TOTO関連商品
いつ買えばいい? 2023年3月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約42万円
(100株)
配当金は? 10,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 2.86%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

TOTO(5332)の株主優待の内容

まずは、TOTO(5332)の株主優待の内容だ。

TOTO(5332)の株主優待は、TOTO関連商品2,000円相当だ。

保有株数が100株以上の株主全員がもらえる。

優待の配布は3月末日の株主が対象だ。

優待の内容は、お米、ワイン、カレンダーなど様々な商品から1つ好きなものを選べる。
毎年6月上旬に、株主優待カタログが対象の株主に送られるようだ。

TOTO(5332)とはどんな会社?

TOTOは、福岡県に本社を置く、住宅設備メーカーだ。

元々、日本陶器合名会社、現ノリタケカンパニーリミテドの製陶研究所が母体となり、1917年に東洋陶器株式会社として設立されたのが始まりだった。
その後、1980年代には、世界で初めてシャワー式トイレ「ウォシュレット」を発売し、大ヒット商品となった。
2007年に、商号を現在のTOTO株式会社に変更している。
現在は、トイレ、洗面器などの衛星陶器業界で国内シェア6割。
圧倒的な1位となっている。

東証プライム。
1917年設立。

従業員数(連結)は33,800人。

売上高は6,452億7,300万円。
純利益は401億3,100万円。
純資産は4,133億7,200万円だ。
(2022年時点)

(参考:ウィキペディア)

TOTO(5332)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のTOTO(5332)の株価は4,240円(2022年6月時点)だ。
100株だと「約42万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、TOTO(5332)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料473円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約42万円の投資で、2,000円相当の株主優待がもらえるわけだから、優待利回りは0.48%だ。

少ないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2023年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、3月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

TOTO(5332)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のTOTO(5332)は魅力的かを見ていこう。

TOTO(5332)の配当利回りは2.38%だ。

100株分、約42万円投資したら→年間10,000円
500株分、約210万円投資したら→年間50,000円がもらえる。

配当も少ない。
わざわざ配当目当てで投資をするほどではないね。

最後にTOTO(5332)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは2.86%だ。

うーん、ちょっと物足りないね。
ただ、最近は以前に比べて株価がだいぶ下がってきた。
まだまだ高いが、今後もっと株価が下がるようであれば検討してみても良いかもしれない。

気になる方はチェックしてみてほしい。

TOTO IR情報

タイトルとURLをコピーしました