あじかん(2907)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。
今回はあじかん(2907)の株主優待と配当について分析していく。

あじかん(2907)
何がもらえる? 自社商品
いつ買えばいい? 2022年3月29日
2022年9月28日

(年2回)
いくら買えばいい? 約8万円
(100株)
配当金は? 1,500円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.13%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あじかん(2907)の株主優待の内容

まずは、あじかん(2907)の株主優待の内容だ。

あじかん(2907)の株主優待は自社商品だ。

保有株数と保有期間によって、もらえる優待の内容が変わる。
内容については、以下の表を参考にしてもらいたい。

年に2回、3月末日と9月末日時点の株主に配布される。

家計に助かる内容だ。
家族にも喜ばれるのではないだろうか。

あじかん(2907)とはどんな会社?

株式会社あじかんは、卵焼き、干瓢・椎茸、かまぼこ、冷凍食品、焙煎ごぼう茶などの製造販売を行う会社。

業務用卵焼き・冷凍オムレツなどの卵加工製品を主力とし、寿司だね・弁当・総菜用の加工食品などを製造販売している。
広島を中心に西日本地域に基盤をもつが、東日本地域のシェア拡大も図っている。
2021年3月期の連結売上構成は玉子焼類29%、味付けかんぴょうしいたけ類7%、蒲鉾類5%、ごぼう茶関連製品10、自社企画ブランド品271%、冷・凍冷蔵食品924%などとなっている。

東証二部。
1965年創業。
従業員数は、964人。

売上高は425億93百万円だ。

(参考:ウィキペディア)

あじかん(2907)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のあじかん(2907)の株価は、839円(2022年1月時点)だ。
100株だと「約8万円」で購入できる。

あじかんの場合、半年以上継続して株を保有している株主が優待の対象となるため、ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引には向かない。

クロス取引についてはこちら

約8万円の投資で、もらえる優待は年間1,000円相当なので、優待利回りは1.25%だ。

ちょっと物足りないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日と9月末日だ。
この基準日の株主名簿に記載されている株主に配布される。

実際の権利日は、2022年3月29日と2022年9月28日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

あじかん(2907)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のあじかん(2907)は魅力的かを見ていこう。

あじかん(2907)の配当利回りは、1.88%だ。

100株分、約8万円投資したら→年間1,500円
500株分、約40万円投資したら→年間7,500円がもらえる。

配当もちょっと物足りないね。

配当の基準日は?

あじかん(2907)の配当の基準日は3月末日だ。

実際の権利確定日は、2022年3月29日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にあじかん(2907)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.13%だ。

悪くないね。
もらえる優待も家族に喜ばれそうな内容だ。
これだったら、優待と配当目当ての投資もありかもしれない。

気になる方はチェックしてみてほしい。
あじかん(2907) IR情報

これから株式投資を始めてみようと思われている方は、是非以下の記事も併せて読んでみてもらいたい。
証券会社で迷うなんて時間の無駄!株を始めるならSBI証券にした方がいい理由

タイトルとURLをコピーしました