ユタカフーズ(2806)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。
今回はユタカフーズ(2806)の株主優待と配当について分析していく。

ユタカフーズ(2806)
何がもらえる? 自社商品
いつ買えばいい? 2022年3月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約19万円
(100株)
配当金は? 4,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 2.53%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ユタカフーズ(2806)の株主優待の内容

まずは、ユタカフーズ(2806)の株主優待の内容だ。

ユタカフーズ(2806)の株主優待は自社商品だ。

保有株数が100株以上500株未満の場合、800円相当。
500株以上1,000株未満の場合、1,500円相当。
1,000株以上3,000株未満の場合、2,500円相当。
3,000株以上の場合、4,000円相当がもらえる。

年に1回、3月末日時点の株主に配布される。

ユタカフーズ(2806)とはどんな会社?

ユタカフーズ株式会社(英: Yutaka Foods Corporation)は、愛知県知多郡武豊町に本社を置く調味料製造メーカーである。

1919年(大正8年)製材業として創業。その後、航空機部品の製造に業態転換するも、1945年(昭和20年)に再び木製品工場に転換。
味噌や醤油などの醸造を始めたのは1952年(昭和27年)のことである。
1976年(昭和51年)には東洋水産が経営参加し、東洋水産グループの一員となっている。

東証二部。
1944年創業。
従業員数は、339人。

売上高は211億45百万円。
純資産は168億72百万円だ。

(参考:ウィキペディア)

ユタカフーズ(2806)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のユタカフーズ(2806)の株価は、1,895円(2022年1月時点)だ。
100株だと「約19万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、ユタカフーズ(2806)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料263円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約19万円の投資で、もらえる優待が年間800円相当なので、優待利回りは0.42%だ。

かなり少ないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日だ。
この基準日の株主名簿に記載されている株主に配布される。

実際の権利日は、2022年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、3月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

ユタカフーズ(2806)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のユタカフーズ(2806)は魅力的かを見ていこう。

ユタカフーズ(2806)の配当利回りは、2.11%だ。

100株分、約19万円投資したら→年間4,000円
500株分、約95万円投資したら→年間20,000円がもらえる。

配当は悪くはないね。

配当の基準日は?

ユタカフーズ(2806)の配当の基準日は3月末日だ。

実際の権利確定日は、2022年3月29日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にユタカフーズ(2806)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは2.53%だ。

悪くはないのだが、ちょっと物足りない。
できれば、もう少し株価が下がったタイミングで買いたいものだ。

気になる方はチェックしてみてほしい。
ユタカフーズ(2806) IR情報

これから株式投資を始めてみようと思われている方は、是非以下の記事も併せて読んでみてもらいたい。
証券会社で迷うなんて時間の無駄!株を始めるならSBI証券にした方がいい理由

タイトルとURLをコピーしました