ひらまつ(2764)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。
今回はひらまつ(2764)の株主優待と配当について分析していく。

ひらまつ(2764)
何がもらえる? 割引優待カードなど
いつ買えばいい? 2022年9月28日
2023年3月29日

(年2回)
いくら買えばいい? 約2万円
(100株)
配当金は? 無し
優待と配当の合計利回り 0%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ひらまつ(2764)の株主優待の内容

まずは、ひらまつ(2764)の株主優待の内容だ。

ひらまつ(2764)の株主優待は以下だ。

①レストランご飲食代、ホテル宿泊代・飲食代の割引
②ご婚礼における飲食代の割引
③株主限定の優待フェア(お食事会)開催
④通信販売におけるワイン代の割引

保有株数が100株以上500株未満の場合、①10%割引、②10%割引、③特別価格にて招待、④20%割引。
500株以上の場合、①20%割引、②10%割引、③特別価格にて招待、④20%割引となる。

年に2回、3月末日と9月末日時点の株主に配布される。

ひらまつ(2764)とはどんな会社?

株式会社ひらまつは、東京都渋谷区に本社を置く日本の企業。
高級レストランやホテルを経営する。

中核となるレストラン事業のほか、賢島や宜野湾市の「ザ・ひらまつ ホテル&リゾーツ」のホテル事業、ウエディング事業、ケータリング事業、ワイン事業を展開する。
ナントやパリのレストランでフランス料理の修行を積んだ創業者・平松博利が1982年4月8日に港区西麻布で開業した「ひらまつ亭」を源流としており、当社ではこの日を創業日としている。
1983年6月には「有限会社ひらまつ」を設立し法人改組。
1988年5月には、広尾に移転し、「レストランひらまつ」と改名。以降、東京都内を中心に日本各地に高級レストランを出店するとともに、カフェや料亭、ホテル、ウェディングといった隣接業態にも業容を広げた。
1994年12月に株式会社へ改組、2003年には高級レストランの業態として初となるJASDAQへの上場を果たした。
2001年には、パリに進出し、4ヶ月後には史上最短記録とるミシュランガイド一つ星を日本人として初めて獲得している。
2007年1月には、20世紀最高の料理人と言われたポール・ボキューズと連携して、国立新美術館に「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」を開店した。

東証一部。
1983年創業。
従業員数は、565人。

売上高は98億87百万円。
純利益は▲20億97百万円。
純資産は75億90百万円だ。

(参考:ウィキペディア)

ひらまつ(2764)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のひらまつ(2764)の株価は、197円(2022年6月時点)だ。
100株だと「約2万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、ひらまつ(2764)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料154円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約2万円の投資で、もらえる優待はお金を払わないと得をしない内容なので、優待利回りは0%としておく。

ただ、日頃からひらまつが展開するレストランでよく食事をするという方にとっては、かなりの高利回りとなるのではないだろうか。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日と9月末日だ。
この基準日の株主名簿に記載されている株主に配布される。

実際の権利日は、2022年9月28日と2023年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、9月28日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の9月29日に現渡決済すればOKだ。
3月は、3月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

ひらまつ(2764)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のひらまつ(2764)は魅力的かを見ていこう。

ひらまつ(2764)の場合、残念ながら配当は無いようだ。

最後にひらまつ(2764)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは0%だ。

配当は無いし、もらえる優待も、実際にひらまつのレストランなどで食事をしないと得をしないものだったので、トータル利回りも0%とした。
ただ、よくひらまつのレストランで食事をされる方にとっては、必要投資額も安いので、持っていて損は無いと思う。

気になる方はチェックしてみてほしい。
ひらまつ(2764) IR情報

これから株式投資を始めてみようと思われている方は、是非以下の記事も併せて読んでみてもらいたい。
証券会社で迷うなんて時間の無駄!株を始めるならSBI証券にした方がいい理由

タイトルとURLをコピーしました