雪国まいたけ(1375)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。
今回は雪国まいたけ(1375)の株主優待と配当について分析していく。

雪国まいたけ(1375)
何がもらえる? 自社商品
いつ買えばいい? 2023年3月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約10万円
(100株)
配当金は? 3,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 5.00%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

雪国まいたけ(1375)の株主優待の内容

まずは、雪国まいたけ(1375)の株主優待の内容だ。

雪国まいたけ(1375)の株主優待は、自社商品だ。

保有株数が100株以上300株未満の場合、3,000円相当。
300株以上1,000株未満の場合、5,000円相当。
1,000株以上の場合、7,000円相当がもらえる。

ただし、半年以上継続して株を保有している株主が優待の対象となる。

年に1回、3月末日時点の株主に配布される。
なお、優待の発送は6〜7月頃のようだ。

雪国まいたけ(1375)とはどんな会社?

株式会社雪国まいたけ(ゆきぐにまいたけ、英: YUKIGUNI MAITAKE CO.,LTD.)は、マイタケ、エリンギ、ブナシメジ、ホンシメジ、ハタケシメジなどのキノコの栽培、及びそれらを材料とした加工食品や健康食品を製造・販売する企業である。
キノコ以外にはカット野菜や納豆の製造・販売も行っている。

東証プライム。
1983年設立。
社員数は、連結で1,105人。
売上高は連結で345億4300万円。
純利益は47億4000万円。
純資産は92億3000万円だ。
(2021年3月31日現在)

主な製品は以下。
* 雪国まいたけ 極
* 白まいたけ 雅
* 雪国えりんぎ
* 雪国ぶなしめじ 恵み
* 大粒丹波しめじ
* 大黒本しめじ
* ホワイトマッシュルーム
* ブラウンマッシュルーム
* きのこ大好きカット野菜シリーズ(野菜炒め用カット野菜)

(参考:ウィキペディア)

雪国まいたけ(1375)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の雪国まいたけ(1375)の株価は、1,006円(2022年8月時点)だ。
100株だと「約10万円」で購入できる。

雪国まいたけ(1375)の場合、半年以上継続して株を保有している株主が優待の対象となるため、ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引には向かない。

クロス取引についてはこちら

約10万円の投資で、年間2,000円相当の株主優待がもらえるので、優待利回りは2.00%だ。

うーん、ちょっと物足りないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2023年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

雪国まいたけ(1375)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の雪国まいたけ(1375)は魅力的かを見ていこう。

雪国まいたけ(1375)の配当利回りは、3.00%だ。

100株分、約10万円投資したら→年間3,000円
500株分、約50万円投資したら→年間15,000円がもらえる。

配当は悪くないね。

配当の基準日は?

雪国まいたけ(1375)の配当の基準日は3月末日だ。

実際の権利確定日は、2023年3月29日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後に雪国まいたけ(1375)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは5.00%だ。

なかなかいいのではないだろうか。
最近は株価が下がり続けているので、以前よりもだいぶお得感が出てきた。

ただ、どこまで下がるかが読めないので、優待や配当目当てで買おうと思っている方は、少し慎重になった方がいいかもしれない。

気になる方はチェックしてみてもらいたい。
雪国まいたけ(1375) IR情報

これから株式投資を始めてみようと思われている方は、是非以下の記事も併せて読んでみてもらいたい。
証券会社で迷うなんて時間の無駄!株を始めるならSBI証券にした方がいい理由

タイトルとURLをコピーしました