オーエス(9637)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。
今回はオーエス(9637)の株主優待と配当について分析していく。

オーエス(9637)
何がもらえる? 映画優待ポイントなど
いつ買えばいい? 2023年1月27日
2023年7月27日

(年2回)
いくら買えばいい? 約31万円
(100株)
配当金は? 2,500円
(100株)
優待と配当の合計利回り 8.16%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オーエス(9637)の株主優待の内容

まずは、オーエス(9637)の株主優待の内容だ。

オーエス(9637)の株主優待は①株主カード(本人カード)と②株主カード(ファミリーカード)と③映画優待ポイントと④飲食10%割引券だ。

保有株数が100株以上200株未満の場合、①1枚と②2枚と③60ポイントと④5枚。
200株以上400株未満の場合、①1枚と②2枚と③140ポイントと④5枚。
400株以上600株未満の場合、①1枚と②2枚と③200ポイントと④5枚。
600株以上800株未満の場合、①1枚と②2枚と③260ポイントと④5枚。
800株以上1,600株未満の場合、①1枚と②2枚と③380ポイントと④5枚。
1,600株以上の場合、①1枚と②2枚と③560ポイントと④5枚がもらえる。

③の優待ポイントは、OSシネマズミント神戸とOSシネマズ神戸ハーバーランドであれば10ポイントで、TOHOシネマズ西宮OSの場合は20ポイントで1回映画が観られるようだ。
ただし、月間使用限度があるので注意が必要だ。

年に2回、1月末日と7月末日時点の株主に配布される。

OSシネマズミント神戸とOSシネマズ神戸ハーバーランドの場合、一般の映画料金が1,900円なので、毎年22,800円分の映画がタダで見られることになる。
映画好きの人にとってはかなり嬉しいのではないだろうか。

オーエス(9637)とはどんな会社?

オーエス株式会社(英: OS Company, Limited)は、映画館・ホテル・不動産などを経営している会社である。
本社は大阪市北区。
阪急阪神東宝グループで、阪急阪神ホールディングスグループと東宝グループの双方に属する。
創業者の小林一三によると、社名の由来は綱引きのかけ声の「オーエス」から採ったようである。
なお、映像機器メーカーの株式会社オーエスとの資本関係はない。

* 1946年(昭和21年)12月16日 – オーエス映画劇場株式会社設立。
* 1949年(昭和24年)5月 – オーエス映画劇場株式会社が梅田シネマ株式会社及び大成起業株式会社を合併。
* 1949年(昭和24年)5月 – 大阪証券取引所2部上場。
* 1951年(昭和26年)7月 – オーエス映画劇場株式会社が東洋映画株式会社を合併。
* 1956年(昭和31年)5月 – オーエス映画劇場株式会社が第一映画劇場株式会社を合併。
* 1956年(昭和31年)12月 – オーエス映画劇場株式会社が関西興行株式会社を合併。
* 1969年(昭和44年)3月 – オーエス不動産株式会社設立。
* 1974年(昭和49年)10月 – 梅田OSホテルを開業。
* 1975年(昭和50年)8月 – オーエス映画劇場株式会社が商号をオーエス株式会社に変更。
* 1991年(平成3年)2月 – オーエス株式会社がオーエス不動産株式会社を合併。
* 2013年(平成25年)7月16日 – 東京証券取引所と大阪証券取引所の現物株市場統合に伴い、東京証券取引所2部への上場となる。
* 2016年(平成28年)1月6日 – 梅田OSホテルの建物を阪急電鉄に売却。ホテル事業から撤退。

東証スタンダード。
1946年設立。

従業員数は41人。

売上高は8,934百万円。
純利益は553百万円。
純資産は10,492百万円だ。

(参考:ウィキペディア)

オーエス(9637)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のオーエス(9637)の株価は、3,055円(2022年8月時点)だ。
100株だと「約31万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、オーエス(9637)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料473円がかかる。(SBI証券の場合)
クロス取引についてはこちら

約31万円の投資をして、もらえる優待が年間22,800円相当なので、優待利回りは7.35%だ。

利回りはかなり良いね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、1月末日と7月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2023年1月27日と2023年7月27日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、1月27日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の1月30日に現渡決済すればOKだ。
7月は、7月27日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の7月28日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

オーエス(9637)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のオーエス(9637)は魅力的かを見ていこう。

オーエス(9637)の配当利回りは、0.81%だ。

100株分、約31万円投資したら→年間2,500円
500株分、約155万円投資したら→年間12,500円がもらえる。

配当はかなり少ないね。

配当の基準日は?

オーエス(9637)の配当の基準日は1月末日だ。

実際の権利確定日は、2023年1月27日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にオーエス(9637)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは8.16%だ。

かなり良いね。
特に映画好きで、神戸に住んでいる方にとっては嬉しい優待だと思う。

気になる方は是非チェックしてみてほしい。
オーエス(9637) IR情報

これから株式投資を始めてみようと思われている方は、是非以下の記事も併せて読んでみてもらいたい。
証券会社で迷うなんて時間の無駄!株を始めるならSBI証券にした方がいい理由

タイトルとURLをコピーしました