泉州電業(9824)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。
今回は泉州電業(9824)の株主優待と配当について分析していく。

泉州電業(9824)
何がもらえる? QUOカード(クオカード)
いつ買えばいい? 2021年10月27日
(年1回)
いくら買えばいい? 約47万円
(100株)
配当金は? 8,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 1.91%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

泉州電業(9824)の株主優待の内容

まずは、泉州電業(9824)の株主優待の内容だ。

泉州電業(9824)の株主優待は、QUOカード(クオカード)だ。

保有株数が100株以上で保有期間が1年未満の場合、1,000円分。
保有期間が1年以上の場合、2,000円分がもらえる。

QUOカードが優待としてもらえるのは使い勝手がいいから嬉しいね。

年に1回、10月末日時点の株主に配布される。

泉州電業(9824)とはどんな会社?

泉州電業株式会社(せんしゅうでんぎょう-)は、大阪府吹田市に本社を置く専門商社である。
東証一部上場。

機器用電線、通信用電線、電力用ケーブル、汎用被覆線等の電線類等の販売を行っている。
本社が吹田市に所在しているものの、社名に泉州を冠するのは、創業者が岸和田市出身であり、創業時の本店登記を岸和田市にしていたことに由来する。

* 1947年(昭和22年)1月 – 西村電気商会を創業(大阪市北区堂山町15番地)。
* 1949年(昭和24年)11月 – 泉州電業株式会社を設立(本社:大阪府岸和田市並松町390番地、大阪営業所:大阪市北区梅ヶ枝町15番地)。
* 1961年(昭和36年)7月 – 本社を大阪市北区梅ヶ枝町に移転。
* 1962年(昭和37年)6月 – 本社を大阪市北区兎我野町へ新築移転。
* 1970年(昭和45年)6月 – 大阪府吹田市に大阪支店(現、大阪本店)を開設。
* 1989年(平成元年)4月 – 大阪府吹田市に本社事務センター(現、本社)を開設。
* 1991年(平成3年)6月 – 大阪証券取引所市場第二部(特別指定銘柄)に上場。
* 1996年(平成8年)1月 – 大阪証券取引所市場第二部に指定。
* 2002年(平成14年)11月 – 東京証券取引所市場第二部に上場。
* 2016年(平成28年)3月 – 本社を大阪府吹田市に移転。
* 2017年(平成29年)11月 – 東京証券取引所市場第一部に指定。

(参考:ウィキペディア)

泉州電業(9824)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の泉州電業(9824)の株価は、4,690円(2021年10月時点)だ。
100株だと「約47万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、泉州電業(9824)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料473円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約47万円の投資で年間1,000円相当の株主優待がもらえるので、優待利回りは0.21%だ。

かなり少ないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、10月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2021年10月27日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。
クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、10月27日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の10月28日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

泉州電業(9824)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の泉州電業(9824)は魅力的かを見ていこう。

泉州電業(9824)の配当利回りは、1.70%だ。

100株分、約47万円投資したら→年間8,000円
500株分、約235万円投資したら→年間40,000円がもらえる。

配当も物足りないね。

配当の基準日は?

泉州電業(9824)の配当の基準日は10月末日だ。

実際の権利確定日は、2021年10月27日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後に泉州電業(9824)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは1.91%だ。

うーん、正直全然良くないね。
もらえる優待がQUOカードというのはいいのだが、たった1,000円分のQUOカードをもらうために、40万円以上もの投資が必要というのは、全く割りに合わない。

もっとお得な優待はたくさんあるので、残念だが、次に行こう。
泉州電業(9824) IR情報

これから株式投資を始めてみようと思われている方は、是非以下の記事も併せて読んでみてもらいたい。
証券会社で迷うなんて時間の無駄!株を始めるならSBI証券にした方がいい理由

タイトルとURLをコピーしました