アスクル[ASKUL](2678)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。
今回はアスクル(2678)の株主優待と配当について分析していく。

アスクル(2678)
何がもらえる? 「LOHACO」割引クーポン
いつ買えばいい? 2021年11月17日
2022年5月18日

(年2回)
いくら買えばいい? 約17万円
(100株)
配当金は? 3,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 4.12%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アスクル(2678)の株主優待の内容

まずは、アスクル(2678)の株主優待の内容だ。

アスクル(2678)の株主優待は、「LOHACO」割引クーポンだ。

保有株数が100株以上の株主全員がもらえる。

年に2回、5月20日と11月20日時点の株主に配布される。

5月は1,000円クーポン、11月は2,000円クーポンがもらえる。

「LOHACO」はアスクルが展開する個人向け通販サイトだ。
ここで税込3,300円以上の注文につき1回この割引クーポンが使えるようだ。
なので、実質30%〜60%割引券ということになるね。

アスクル(2678)とはどんな会社?

アスクル株式会社(英: ASKUL Corporation)は、東京都江東区に本社を置く事務用品を中心とするソフトバンクグループ系列の通信販売会社。
ソフトバンクグループ傘下のZホールディングスの連結子会社であるが、かつては事務機器メーカープラスの子会社であり、同社のプライベートブランドはプラスの製品が多い。

* 社名の由来は翌日配達、すなわち「明日来る」から転じてアスクルになった。翌日配達が可能なのは、大都市の近く全国7箇所に大規模な物流センターを構えているからである。
* 一見すると、メーカーの直接通販では町の文具店が全滅するという印象があるが、このアスクルでは町の文具店などをシステムに取り込み(代理店)、メーカーと小売の共存共栄が図られている。仕組みは以下のとおりである。
* 販売担当店(アスクルエージェント)−新規の顧客獲得の営業活動と、代金回収・債権管理その他顧客ケアを担当
* アスクル(本部)−カタログ作成と商品の受注、発送、個別商品・サービスの問い合わせ等を担当
* 取扱品目は事務用品中心だが、食品・飲料・日用品などひろくオフィスで働く人の欲しいものをカバーする幅広さがある。
* BtoC向けECサービスLOHACOの売上高を、2013年5月期で180億円を見込みたいと発表したものの、実際は1割程度の21億円であった。2年目の2014年5月期の実績は121億円と計画対比120%超を達成した。

(参考:ウィキペディア)

アスクル(2678)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のアスクル(2678)の株価は、1,650円(2021年10月時点)だ。
100株だと「約17万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、アスクル(2678)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料263円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約17万円の投資で年間4,000円相当の株主優待がもらえるので、優待利回りは2.35%だ。

悪くないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、5月20日と11月20日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2021年11月17日と2022年5月18日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。
クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、11月17日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の11月18日に現渡決済すればOKだ。
5月は、5月18日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の5月19日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

アスクル(2678)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のアスクル(2678)は魅力的かを見ていこう。

アスクル(2678)の配当利回りは、1.76%だ。

100株分、約17万円投資したら→年間3,000円
500株分、約85万円投資したら→年間15,000円がもらえる。

配当も物足りないね。

配当の基準日は?

アスクル(2678)の配当の基準日は5月20日と11月20日だ。

実際の権利確定日は、2021年11月17日と2022年5月18日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にアスクル(2678)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは4.12%だ。

なかなか利回りは良いね。
ただ、株主優待としてもらえる割引クーポンは3,300円以上の買い物をしないと使えないので注意が必要だ。
実質60%オフ券と30%オフ券だね。

気になる方は是非チェックしてみてほしい。

アスクル(2678) IR情報

これから株式投資を始めてみようと思われている方は、是非以下の記事も併せて読んでみてもらいたい。
証券会社で迷うなんて時間の無駄!株を始めるならSBI証券にした方がいい理由

タイトルとURLをコピーしました