カナモト(9678)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。
今回はカナモト(9678)の株主優待と配当について分析していく。

カナモト(9678)
何がもらえる? 北海道特産品カタログ(4,500円相当)
いつ買えばいい? 2022年10月27日
(年1回)
いくら買えばいい? 約96万円
(500株)
配当金は? 7,500円
(100株)
優待と配当の合計利回り 4.11%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カナモト(9678)の株主優待の内容

まずは、カナモト(9678)の株主優待の内容だ。

カナモト(9678)の株主優待は、北海道特産品カタログだ。

保有株数が500株以上1,000株未満の場合、2,000円相当。
1,000株以上の場合、4,500円相当がもらえる。(3年以上保有した場合は8,800円相当)
なお、継続して半年以上株を保有している株主が優待の対象だ。

このカタログギフトは、メロンやスイートコーン、帆立など、様々な北海道の特産品の中から好きなものが選べる。
好きなものが選べるのは嬉しいね。

年に1回、10月末日時点の株主に配布される。

カナモト(9678)とはどんな会社?

株式会社カナモトは、北海道を中心に建機レンタル事業を行う企業。
鋼材商社として出発し、その他情報機器のレンタルや鉄鋼製品の販売も行う。

建設機械レンタル業界ではアクティオ、レンタルのニッケンと並ぶ大手であり、ニトリ、ツルハ、ホーマック、アレフ等と共に北海道発祥で全国展開する企業として知られる。

* 1964年 – 室蘭市にて株式会社金本商店を設立。
* 1972年 – 現社名に変更。
* 1981年 – 金本太中代表取締役社長就任。
* 1991年 – 札幌証券取引所に上場。
* 1996年 – 東京証券取引所2部に上場。金本寛中、代表取締役社長に就任。
* 1998年 – 東京証券取引所1部へ指定替え。
* 2000年 – 株式会社九州建産とアライアンス締結。株式会社カナテックに仮設ハウス製作事業を移管。
* 2001年 – 第一機械産業株式会社を子会社化。
* 2003年 – 第一機械産業株式会社を完全子会社化。
* 2004年 – 敦賀建機リース株式会社と業務提携。株式会社カンキを子会社化。中野モータース株式会社から建機レンタル業務を継承。株式会社金谷リースから建機レンタル事業の営業権を譲受。
* 2005年 – 名誉会長金本太中(金太中)が詩集『わがふるさとは湖南の地』で第39回北海道新聞文学賞を受賞。
* 2006年 – 盤改良エンジニアリング会社のフローテクノ株式会社を子会社化。
* 2007年 – 株式会社レンタルテーオーから建機レンタル用資産および営業権を譲受。株式会社九州建産を子会社化。 株式会社アシストを完全子会社化。株主優待制度導入。
* 2008年 – SJ RENTAL,INC.(グアム)を子会社化。株式会社カナモトエンジニアリングを設立。キョクトーリース株式会社を子会社化。東洋工業株式会社を子会社化。株式会社KGマシナリーを子会化。
* 2009年 – ナラサキリース株式会社、東京ナラサキリース株式会社、秋田ナラサキリース株式会社、青森ナラサキリース株式会社を子会社化。香港(金本)有限公司を設立(香港特別行政区)。キョクトウリース株式会社を吸収合併。
* 2010年 – キョクトウリース株式会社を吸収合併。
* 2011年 – シンガポールに現地同業社と合弁で新会社「KANAMOTO & JP NELSON EQUIPMENT (S) PTE. LTD.」を設立。株式会社エスアールジー・カナモトを吸収合併。
* 2012年 – ユナイト株式会社を子会社化。

東証プライム。
1964年設立。

従業員数は3,676人。

売上高は1,790億53百万円。
純利益は84億66百万円。
純資産は1,261億88百万円だ。
(2020年時点)

(参考:ウィキペディア)

カナモト(9678)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のカナモト(9678)の株価は、1,916円(2022年7月時点)だ。
500株だと「約96万円」で購入できる。

カナモトの場合、半年以上継続して株を保有している株主が優待の対象となるため、ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引には向かない。

クロス取引についてはこちら

約96万円の投資で年間2,000円相当の株主優待がもらえるので、優待利回りは0.21%だ。

ちょっと物足りないね。
そもそも株主優待をもらうために100万円近くもの投資が必要というのはちょっと高すぎる。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、10月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年10月27日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。
クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、10月27日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の10月28日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

カナモト(9678)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のカナモト(9678)は魅力的かを見ていこう。

カナモト(9678)の配当利回りは、3.91%だ。

100株分、約19万円投資したら→年間7,500円
500株分、約96万円投資したら→年間37,500円がもらえる。

配当は悪くないね。

配当の基準日は?

カナモト(9678)の配当の基準日は10月末日だ。

実際の権利確定日は、2022年10月27日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にカナモト(9678)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは4.11%だ。

悪くはないのだが、優待をもらうために100万円近くもの投資が必要というのは、ちょっと高すぎる。
配当利回りだけ見ても悪くはないので、まずは配当目当てで100株からの投資でもいいのかもしれないね。

気になる方は是非チェックしてみてもらいたい。
カナモト(9678) IR情報

これから株式投資を始めてみようと思われている方は、是非以下の記事も併せて読んでみてもらいたい。
証券会社で迷うなんて時間の無駄!株を始めるならSBI証券にした方がいい理由

タイトルとURLをコピーしました