コジマ(7513)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日はコジマ(7513)の株主優待と配当について紹介する。

コジマ(7513)
何がもらえる? 買い物券(1,000円券)
いつ買えばいい? 2022年8月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約6万円
(100株)
配当金は? 1,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.33%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コジマ(7513)の株主優待の内容

まずは、コジマ(7513)の株主優待の内容だ。

コジマ(7513)の株主優待は、全国のコジマ、ビックカメラ、ソフマップで利用できる買い物券(1,000円券)だ。

保有株数が100株以上500株未満の場合、1,000円分(1,000円券1枚)。
500株以上1,000株未満の場合、3,000円分(1,000円券3枚)。
1,000株以上3,000株未満の場合、5,000円分(1,000円券5枚)。
3,000株以上5,000株未満の場合、15,000円分(1,000円券15枚)。
5,000株以上の場合、20,000円分(1,000円券20枚)がもらえる。

年に1回、8月末日の株主に配布される。
尚、優待券の発送は11月のようだ。

この買い物券は、1,000円の買い物毎に1枚使えるようだ。

コジマ(7513)とはどんな会社?

コジマは栃木県宇都宮市に本社を置く、家電量販店チェーンだ。

元々、1955年に栃木県宇都宮市で創業者 小島勝平が、個人商店の小島電気商会を創業したことが始まりだった。

その後、関東を中心に多店舗展開をし、1997年には、当時業界一位だったベスト電気を抜いて、売上高日本一を達成した。

しかし、2002年にヤマダ電器に業界一位の座を受け渡すと、その後業績は悪化。
業界7位と低迷していた2012年に、ビックカメラの傘下となり、経営の再建を図っている。

現在は、「コジマ×ビックカメラ」として、全国に140店舗を展開している。

東証一部。
1963年設立。

売上高は297,535百万円。
純利益は6,302百万円。
純資産は112,525百万円。
(2021年時点)

(参考:ウィキペディア)

コジマ(7513)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のコジマ(7513)の株価は、582円(2022年3月時点)だ。
100株だと「約6万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、実質、コジマ(7513)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料198円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約6万円の投資で優待が年間1,000円相当だから、優待利回りは1.67%だ。

ちょっと物足りないね。
ただ、株主優待をもらうための必要投資額が6万円からというのはお手頃で良い。
株主優待初心者にオススメしたい銘柄だ。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、8月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年8月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、8月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の8月30日の夜に現渡決済すればOKだ。

コジマ(7513)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のコジマ(7513)は魅力的かを見ていこう。

コジマ(7513)の場合、配当利回りは1.67%だ。

100株分、約6万円投資したら→年間1,000円。
500株分、約30万円投資したら→年間約5,000円になる。

配当も悪くないが物足りないね。

最後にコジマ(7513)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.33%だ。

6万円の投資で1,000円分の優待券がもらえるのは良いがちょっと利回り的には物足りない。
ただ、必要投資額が小さいので気軽に買えるところは良いね。
是非株主優待初心者の方は、コジマ株をチェックしてみてはいかがだろうか。

コジマ IR情報

タイトルとURLをコピーしました