エー・ピーホールディングス[塚田農場](旧APカンパニー)(3175)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回はエーピーホールディングス[旧エーピーカンパニー](3175)の株主優待と配当について分析していく。

エーピーホールディングス[旧エーピーカンパニー](3175)
何がもらえる? 優待食事券 or お米
いつ買えばいい? 2023年3月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約4万5千円
(100株)
配当金は? 無し
優待と配当の合計利回り 6.67%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

エー・ピーホールディングス[塚田農場](3175)の株主優待の内容

まずは、エー・ピーホールディングス[塚田農場](3175)の株主優待の内容です。

エー・ピーホールディングス[塚田農場](3175)の株主優待は、居酒屋「塚田農場」などで使える優待食事券3,000円相当、もしくはお米3kgだ。

保有株数が100株以上の株主全員がもらえる。

年に1回、3月末日時点の株主に配布される。
なお、優待の発送は6月だ。

普段からよく塚田農場に行く方には嬉しいだね。

エー・ピーホールディングス[塚田農場](3175)とはどんな会社?

塚田農場(つかだのうじょう)は『日南市じとっこ組合』などを展開する株式会社エー・ピーカンパニーが運営する地鶏居酒屋チェーン。
主に首都圏と関西地方で展開している。

宮崎県のみやざき地頭鶏を使用した『宮崎県日南市 塚田農場』、『宮崎県日向市 塚田農場』、鹿児島県の黒さつま鶏を使用した『鹿児島県霧島市 塚田農場』、北海道の新得地鶏を使用した『北海道シントク町 塚田農場』などのブランドを持つ。
自社、提携農家で育てた地鶏の100%を使用していることが特徴。
2007年に東京都八王子市に1号店オープン。
2011年『十勝新得町塚田農場』ブランドでの展開スタート。
2012年『鹿児島県霧島市 塚田農場』ブランドでの展開スタート。
同年10月シンガポールで鍋専門店『TSUKADA NOJO』をオープン。
2014年東京都港区西新橋に鴨そばを提供する『鴨そば塚田農場』をオープンし、2015年からは山形県の最上鴨を使用した店としてリニューアルしている。

東証スタンダード。
2001年設立。

従業員数(連結)は717人。

売上高は89億4179万7000円。
純利益は△35億4743万0000円。
純資産は5億2338万9000円だ。
(2021年時点)

(参考:ウィキペディア)

エー・ピーホールディングス[塚田農場](3175)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のエー・ピーホールディングス[塚田農場](3175)の株価は、454円(2022年5月時点)だ。
100株だと「約4万5千円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、エー・ピーホールディングス[塚田農場](3175)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料154円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約4万5千円の投資で年間3,000円分の株主優待がもらえるので、優待利回りは6.67%だ。

かなり良いね。
必要投資額が約4万円台という安さもグッドだ。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2023年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。
クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、3月29日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

エー・ピーホールディングス[塚田農場](3175)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のエー・ピーホールディングス[塚田農場](3175)は魅力的かを見ていこう。

残念ながらエー・ピーホールディングス[塚田農場](3175)は配当は無いようだ。

最後にエー・ピーホールディングス[塚田農場](3175)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは6.67%だ。

なかなか良いね。
配当が無いのは残念だったが、約4万5千円の投資をして、株主優待が3,000円分ももらえるのはかなりお得だと思う。
日頃からよく塚田農場に行かれる方は、是非チェックしてみてほしい。

エー・ピーホールディングス IR情報

タイトルとURLをコピーしました