中広(2139)の株主優待と配当を徹底分析してみた

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回は中広(2139)の株主優待と配当について分析していく。

中広(2139)
何がもらえる? クオカード1,000円分
いつ買えばいい? 2022年9月28日
(年1回)
いくら買えばいい? 約4万円
(100株)
配当金は? 500円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.75%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

中広(2139)の株主優待の内容

まずは、中広(2139)の株主優待の内容だ。

中広(2139)の株主優待は、クオカード1,000円分だ。

保有株数が100株以上の株主全員がもらえる。

年に1回、9月末日時点の株主に配布される。

QUOカードは使い勝手がいいので、優待としてもらえるのは嬉しいね。

中広(2139)とはどんな会社?

株式会社中広(ちゅうこう、英: Chuco Co., Ltd.)は、岐阜県岐阜市に本社を置く出版社である。

フリーマガジン(生活情報誌)の発行のほか、セールスプロモーション事業、情報サイトの運営、教育研修事業などを行っている。
2007年(平成19年)に名古屋証券取引所セントレックス上場。
メディア事業
* フリーマガジン事業
* フリーマガジン事業とはフリーペーパーを発展させて、雑誌形態としたもの。
* フリーペーパー、フリーマガジン事業の案内サイト、ハッピーメディアガイド( https://happymedia.jp )の運営を行っている
* 地域に根ざした生活情報を収集・編集して、フリーマガジン『地域みっちゃく生活情報誌®』を発行し無料で各家庭に配布している。
* 園児からママへ届く、ママによるママのたまのフリーマガジン『ままここっと』を群馬・岐阜・三重・滋賀県にて発行
* クロスメディア事業
* スマートフォンアプリ「フリモAR」
* 地域みっちゃく生活情報総合ポータルサイト 「フリモ(furimo.jp)」の運営
* インターネット通販の実施
* イベントセミナー事業
* 教育研修・講演会・コンサート・シンポジウム・セミナーなど各種イベントの企画運営、各種広報・PRの実施
セールスプロモーション事業
* 広告戦略・広告計画・販売促進の立案
* テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・各種印刷物・屋外広告等の広告媒体取扱
* 広告制作及びセールスプロモーション等の実施
* HP制作、モバイル広告・インターネット広告全般、SEM対策

東証スタンダード。
1978年設立。

従業員数は374人。

売上高は65億5123万1000円。
純利益は△3億6791万2000円。
純資産は17億1689万7000円だ。
(2021年時点)

(参考:ウィキペディア)

中広(2139)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の中広(2139)の株価は、370円(2022年4月時点)だ。
100株だと「約4万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、中広(2139)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料154円がかかる。(SBI証券の場合)
クロス取引についてはこちら

約4万円の投資で年間1,000円分の株主優待がもらえるので、優待利回りは2.50%だ。

うーん、ちょっと物足りないね。

具体的に権利日はいつ?

中広(2139)の株主優待の基準日は、9月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年9月28日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。
クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、9月28日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の9月29日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

中広(2139)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の中広(2139)は魅力的かを見ていこう。

中広(2139)の配当利回りは、1.25%だ。

100株分、約4万円投資したら→年間500円
500株分、約20万円投資したら→年間2,500円がもらえる。

配当も少し物足りないね。

配当の基準日は?

中広(2139)の配当の基準日は9月末日だ。

実際の権利確定日は、2022年9月28日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後に中広(2139)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.75%だ。

悪くはないね。
もらえる優待がQUOカードというのも使い勝手が良いので好印象だ。
配当は少ない気もするが、合計利回りが3%を超えているので、まずまずの利回りと言えるのではないだろうか。
必要投資額が安いのも良い。

ただ、直近は赤字となっているため、この優待もいつまで続くわからない。
投資をする際には、その辺りも考慮しておいた方がよさそうだ。

気になる方は是非チェックしてみてもらいたい。

中広 IR情報

タイトルとURLをコピーしました