きちり(3082)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日はきちり(3082)の株主優待と配当について紹介する。

きちり(3082)
何がもらえる? 優待食事券
いつ買えばいい? 2022年12月28日
(年1回)
いくら買えばいい? 約4万円
(100株)
配当金は? 無し
優待と配当の合計利回り 6.00%

【DMM 株】口座開設

スポンサーリンク
スポンサーリンク

きちり(3082)の株主優待の内容

まずは、きちり(3082)の株主優待の内容だ。

きちり(3082)の株主優待は、きちりが運営する店舗で利用できる30%割引券(上限10,000円)だ。

保有株数が100株以上500株未満の場合、2枚。
500株以上の場合、4枚がもらえる。

この優待食事券は、きちりホールディングスが運営する以下のレストランで利用ができるようだ。

  • KICHIRI 新日本様式
  • KICHIRI カジュアルダイニング
  • いしがまやハンバーグ
  • 3 Little Eggs
  • とん久
  • GOOD MEAT STOCK〜肉屋バル〜
  • ajito
  • まなや
  • Orobianco
  • おむすびのGABA
  • はかた地どり 福栄組合
  • 長野県 長寿食堂

店舗検索はこちらから

もし仮にKICHIRI新宿店で「総料理長自慢の特製ローストビーフ堪能 プレミアム3,980円プラン」を注文した場合、株主優待の30%割引券を使えば、約1,200円得をすることになる。
これが2枚もらえるので、合計2,400円分得をする。

普段からこれらの店舗をよく利用される方には嬉しい優待だね。

年に1回、12月末日時点の株主に配布される。
なお、優待の発送は2月下旬だ。

優待が利用できる店舗についてはこちらをご覧頂きたい。

きちり(3082)とはどんな会社?

きちりは1998年に創業された様々な形態のレストランを展開する企業だ。
現在、従業員数は2,367名。
全国に89店舗を展開している。
2013年に東証2部上場。
翌2014年には東証1部へ指定替えとなっている。
(参考:きちりホームページ)

きちり(3082)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のきちり(3082)の株価は、375円(2022年3月時点)だ。
100株だと「約4万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、きちり(3082)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料154円がかかる。(SBI証券の場合)
クロス取引についてはこちら

約4万円の投資で、年間2,400円相当の株主優待がもらえるので、優待利回りは6.00%だ。(「総料理長自慢の特製ローストビーフ堪能 プレミアム3,980円プラン」を2回注文した場合)

なかなか良いね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、12月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年12月28日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、12月28日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の12月29日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

きちり(3082)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のきちり(3082)は魅力的かを見ていこう。

きちり(3082)は残念ながら配当は無いようだ。

最後にきちり(3082)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは6.00%だ。

なかなか良いね。
配当が無いのは少し残念だが、必要投資額が約10万円以下と、手が出しやすいのも嬉しい。
普段からよくきちりが展開する店舗で食事をされるという方は、是非チェックしてみてはいかがだろうか。

きちり IR情報

タイトルとURLをコピーしました