成学社(2179)の株主優待と配当はオススメか?徹底分析してみた!

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日は成学社(2179)の株主優待と配当について紹介する。

成学社(2179)
何がもらえる? QUOカード(クオカード)
いつ買えばいい? 2021年9月28日
2022年3月29日
(年2回)
いくら買えばいい? 約8万円
(100株)
配当金は? 660円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.33%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

成学社(2179)の株主優待の内容

まずは、成学社(2179)の株主優待の内容だ。

成学社(2179)の株主優待は、クオカードだ。

保有株数が100株以上の株主全員がもらえる。

年に2回、3月末日と9月末日時点の株主に配布される。

QUOカードは使い勝手が良いので嬉しいね。

成学社(2179)とはどんな会社?

株式会社成学社は、日本の学習塾である開成教育セミナー(かいせいきょういくセミナー、英: Kaisei Education Seminar)を運営している会社。
2016年現在、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、徳島県、香川県、東京都に展開している。

開成教育セミナーの他にも、以下を展開している。
* フリーステップ
* 開成ベガ
* 開成ハイスクール
* ソフィア
* 代ゼミサテライン予備校

(参考:ウィキペディア)

成学社(2179)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の成学社(2179)の株価は、800円(2021年6月時点)だ。
100株だと「約8万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、成学社(2179)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料198円がかかる。(SBI証券の場合)
クロス取引についてはこちら

約8万円の投資で、年間2,000円相当の株主優待がもらえるので、優待利回りは1.25%だ。

悪くないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日と9月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2021年9月28日と2022年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。
クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、9月28日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の9月29日に現渡決済すればOKだ。
3月は、3月29日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

成学社(2179)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の成学社(2179)は魅力的かを見ていこう。

成学社(2179)の配当利回りは、0.83%だ。

100株分、約8万円投資したら→年間660円
500株分、約40万円投資したら→年間3,300円がもらえる。

配当はちょっと物足りないね。

配当の基準日は?

成学社(2179)の配当の基準日は3月末日だ。

実際の権利確定日は、2022年3月29日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後に成学社(2179)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.33%だ。

悪くないね。
必要投資額も安いし、何と言っても、株主優待でQUOカードがもらえるのは嬉しい。
これなら優待と配当目当てに投資をするのもありだと思う。

気になる方はチェックしてみてほしい。

成学社(2179) IR情報

タイトルとURLをコピーしました