アース製薬(4985)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日はアース製薬(4985)の株主優待と配当について紹介する。

アース製薬(4985)
何がもらえる? 自社商品
いつ買えばいい? 2022年6月28日
2022年12月28日
(年2回)
いくら買えばいい? 約61万円
(100株)
配当金は? 11,500円
(100株)
優待と配当の合計利回り 2.54%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アース製薬(4985)の株主優待の内容

まずは、アース製薬(4985)の株主優待の内容だ。

アース製薬(4985)の株主優待は、アース製薬製品詰め合わせだ。

保有株数が100株以上1,000株未満だと、2,000円相当。(保有期間が3年以上の場合は3,000円相当)
1,000株以上だと、3,000円相当がもらえる。

年に2回、6月末日と12月末日の株主に配布される。
なお、優待の配送は、9月と翌3月のようだ。

トイレの消臭剤など、あれば使えるグッズが多数もらえるのは嬉しいね。
家計にも役立つ。

アース製薬(4985)とはどんな会社?

アース製薬は、東京都千代田区に本社を置く、主に殺虫剤などの日用品を製造・販売している会社だ。

元々、創業者の木村秀蔵が、1892年に大阪で薬品製造をおこなう「木村化学」を創業したことが始まりだった。
当時は塩酸や硝酸等を「地球印」のブランド名を冠して、販売していたという。

1929年に、殺虫剤「アース」から名を取り、「アース製薬株式会社」に変更した。

しかし、その後業績不振が続き1969年(昭和44年)に会社更生法適用を申請して倒産。
その後、大塚製薬に買収され、現在は大塚グループ傘下となっている。

主な製品には、「ゴキブリホイホイ」「アースノーマット」「バスロマン」「ミューズ」などがある。(参考:ウィキペディア)

アース製薬(4985)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のアース製薬(4985)の株価は、6,140円(2022年1月時点)だ。
100株だと「約61万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、アース製薬(4985)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料920円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約61万円の投資で優待が年間4,000円相当だから、優待利回りは0.66%だ。

うーん、ちょっと少なすぎるね。
正直、株主優待目当てで投資するような銘柄ではない。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、6月末日と12月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年6月28日と2022年12月28日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、6月28日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の6月29日に現渡決済すればOKだ。
12月は12月28日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の12月29日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

アース製薬(4985)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のアース製薬(4985)は魅力的かを見ていこう。

アース製薬(4985)の場合、配当利回りは1.89%だ。

100株分、約61万円投資したら→年間11,500円
300株分、約183万円投資したら→年間34,500円がもらえる。

配当も物足りないね。

最後にアース製薬(4985)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは2.54%だ。

うーん、必要投資額が高いわりに、利回りはさほど良くない。
最近は、株価が以前よりも少し下がってきてはいるが、それでもまだ優待と配当目当てに投資をしたいとは思えなかった。

残念だが、次に行こう。

アース製薬 IR情報

タイトルとURLをコピーしました