家で眠っていたものがあっという間に売れる!? 初めての人のための「メルカリ」で物を売る方法を解説する

ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日、初めてメルカリを使ってみた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4,000万人が使うフリマアプリ

メルカリとは、株式会社メルカリが提供しているフリマアプリ。
2013年にサービスを開始し、現在では、4000万ダウンロード、1日の出品数は100万品以上にもなるという。(出処:ウィキペディア)

正直、今までCMなどでその存在は知っていたものの、実際に利用したことはなかったんだけれども、4000万ダウンロードって、かなりすごいよね。
もはやツイッターやインスタのようなスタンダードアプリになっているんだなと実感した。

実際、先日上場も果たしているしね。

他のキャップが欲しくてメルカリを使ってみた!

今回僕がメルカリを使おうと思った理由が、新しいキャップが欲しいと思ったから。
ロンハーマンでかっこいいキャップがあったので、買いたかったんだけれども、実は、先日ZOZOで新しいキャップを買ったばかりだったんだ。

ZOZOで買ったキャップは、サイラスといって、昔若い頃に僕が好きだったイギリス発のストリート系ブランドのもの。
ZOZOでサイラスを見つけて、なんだか懐かしくて、買ってしまったんだ。

ただ、いざキャップが届いてみるとちょっとイメージと違った。
ネットでものを買うと、こういったことってあるよね。

だから、ネットサーフィンをしていても、キャップを買ったばかりなのに、もう他のキャップについつい目が行ってしまう。

そんな時、ロンハーマンのサイトでかっこいいキャップを見つけてしまったんだ。
もう、一度気になると、そのロンハーマンのキャップが欲しくて欲しくてたまらない。

けど、ロンハーマンのキャップを買ったら、絶対にサイラスのキャップをかぶることはなくなる気がするし。
せっかく買ったのに、それはもったいない。

けど、ロンハーマンのキャップが欲しい・・・。

そんな時に思いついたのが、メルカリだった。
サイラスのキャップをメルカリで売って、それでロンハーマンのキャップを買おうと思ったんだ。

さっそくメルカリで出品してみた!

思い立ったが吉日ということで、さっそくメルカリのアプリをインストールすることに。
そして、サイラスのキャップの写真を撮る。
どうやら、一つの商品に対して載せられる写真は4枚のようだ。
厳選して、写真を載せてみた。

そして、次に価格を決める。
購入した価格は4,000円だったんだけれども、さすがに何度か使ったので、2,000円にすることにした。
そして、出品。

すると、なんと出品投稿して1時間もしないうちにメッセージが。

「もう少し割引して頂けませんか?」

これは買ってくれるという意思があるということか。

「即決して頂けるなら500円引きの1,500円とさせて頂きます。」
と返信し、価格を1,500円に変更。

すると、あっという間に購入された。
なんと。
メルカリってすごい。
こんなにあっという間に買ってもらえるなんて。

商品を送るのは簡単

さっそく、購入者に商品を送る。

A4サイズの封筒なら、送料が170円と安かったので、100円ショップでA4サイズの内側にプチプチのついた封筒を買ってきて、そこにキャップを入れてみた。

コンビニでメルカリ用の小さい箱や袋が売っているから、それを使ってもいいね。

あとは、アプリ上で2次元コードを表示させ、それをローソンのLoppiにピッとかざす。

  

このような紙が出てくるので、これをレジの店員さんに渡すだけ。

コンビニによって、多少、やり方が異なるようだ。
例えば、セブンイレブンの場合、スマホの2次元コードをレジの店員さんに直接見せるだけでOKだ。

店員さんが、伝票のようなものをくれるので、それを商品に貼って、店員さんに商品を渡せば、郵送手続きは完了。
(別に店員さんが伝票を貼ってくれてもいいと思うけれども、郵送不具合のトラブルを防ぐために自分で貼らないとダメなんだとか。)

ただ、店員さんの対応がすごく慣れているように感じたので、やっぱりメルカリで物を送る人が今多いんだろうね。

取引完了

数日後に、メルカリのアプリ上で、取引が完了したとの通知がきた。
購入者からも、「良い」評価と、「届きました」とのコメントを戴いた。

結局、商品自体は1,500円で販売し、販売手数料が商品価格の1割で150円、配送料が170円、梱包の封筒が108円だったので、実際に手元に残ったのは1,000円ちょっと。
ただ、使わない物をずっと家で眠らせておくよりはよっぽどいいよね。

これで気持ちも少し軽くなったので、改めてロンハーマンのキャップを買った。

うーん、なんて経済的でエコなんだろうか。

皆さんも、家で眠っているものがあればメルカリで売ってみてはいかがだろうか。

タイトルとURLをコピーしました