キャンディル[CANDEAL](1446)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。
今回はキャンディル(1446)の株主優待と配当について分析していく。

キャンディル(1446)
何がもらえる? QUOカード(クオカード)
いつ買えばいい? 2022年9月28日
(年1回)
いくら買えばいい? 約11万円
(200株)
配当金は? 600円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.82%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャンディル(1446)の株主優待の内容

まずは、キャンディル(1446)の株主優待の内容だ。

キャンディル(1446)の株主優待は、QUOカード(クオカード)だ。

保有株数が200株以上2,000株未満の場合、3,000円分。
2,000株以上6,000株未満の場合、4,000円分。
6,000株以上の場合、5,000円分がもらえる。

年に1回、9月末日時点の株主に配布される。

QUOカードが優待でもらえるのは、使い勝手が良いので嬉しいね。

キャンディル(1446)とはどんな会社?

株式会社キャンディル(英: CANDEAL CO.,Ltd)は、東京都新宿区に本社を置く日本の企業。
住宅や商業施設の補修等を行う会社である。

事業内容は、以下。
リペアサービス(建具の傷補修、フローリングの傷・削れ補修、アルミサッシの凹み補修、外壁の割れ補修、住宅、商業施設/ホテル・店舗、寺社仏閣、文化遺産)
住環境向け工事(定期点検、メンテナンス、コールセンター、住宅設備機器の延長保証サービス)
商環境向け工事(店舗内施工、オフィス施工、家具組み立て、建築資材揚重、メンテナンス)
商材販売(内装インテリア商材/カーテン・照明機器、補修材料/リペア材料)
抗ウイルス抗菌サービス(抗ウイルス抗菌コーティング、ハイブリッド空気清浄機、抗ウイルス抗菌材)

東証スタンダード。
2014年設立。

従業員数は62人。

売上高は28億9000万円。
純利益は-8億円。
純資産は35億5600万円だ。
(2021年時点)

(参考:ウィキペディア)

キャンディル(1446)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のキャンディル(1446)の株価は、531円(2022年6月時点)だ。
200株だと「約11万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、キャンディル(1446)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料198円がかかる。(SBI証券の場合)
クロス取引についてはこちら

約11万円の投資で年間3,000円相当の株主優待がもらえるので、優待利回りは2.73%だ。

悪くないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、9月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年9月28日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。
クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、9月28日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の9月29日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

キャンディル(1446)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のキャンディル(1446)は魅力的かを見ていこう。

キャンディル(1446)の配当利回りは、1.09%だ。

100株分、約5万円投資したら→年間600円
200株分、約11万円投資したら→年間1,200円がもらえる。

配当は物足りないね。

配当の基準日は?

キャンディル(1446)の配当の基準日は9月末日だ。

実際の権利確定日は、2022年9月28日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にキャンディル(1446)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.82%だ。

悪くはないね。
優待をもらえるのが200株からというのはちょっと残念だが、株価も安いので、初心者の方には手が出しやすい銘柄と言えるのではないだろうか。

気になる方はチェックしてみてほしい。
キャンディル(1446) IR情報

これから株式投資を始めてみようと思われている方は、是非以下の記事も併せて読んでみてもらいたい。
証券会社で迷うなんて時間の無駄!株を始めるならSBI証券にした方がいい理由

タイトルとURLをコピーしました