小松製作所[コマツ](6301)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回は小松製作所[コマツ](6301)の株主優待と配当について分析していく。

コマツ(6301)
何がもらえる? オリジナルミニチュア
いつ買えばいい? 2023年3月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約89万円
(300株)
配当金は? 9,600円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.46%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小松製作所[コマツ](6301)の株主優待の内容

まずは、小松製作所[コマツ](6301)の株主優待の内容だ。

小松製作所[コマツ](6301)の株主優待は、小松製作所製品のオリジナルミニチュア(非売品)だ。

3月末日時点で、300株以上を継続して3年以上保有している株主が対象だ。

優待のミニチュアは非売品のため、マニアの中では、人気となっているようだ。
ヤフオクで調べてみると、だいたい2,000〜4,500円の値がついていた。

小松製作所[コマツ](6301)とはどんな会社?

小松製作所は、東京都港区に本社を置く、建設機械メーカーだ。

元々、1917年に現在の小松市にあたる石川県能美郡国府村で、吉田茂の実兄である竹内明太郎が自家用機械生産のために小松鉄工所を開設したのが始まりだった。
その後、1921年以降、株式会社小松製作所として、国産ブルドーザーやトラクターの生産を開始した。
また、1950年以降には、積極的に海外展開を行ない、現在では世界中に50以上の生産拠点を持つ。

なお、現在、建設機械メーカーとして、国内シェア1位、世界シェア2位となっている。

東証プライム。
1921年設立。

従業員数(連結)は61,564人。

売上高は2兆1895億12百万円。
純利益は1062億37百万円。
純資産は2兆120億25百万円だ。
(2021年時点)

(参考:ウィキペディア)

小松製作所[コマツ](6301)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の小松製作所[コマツ](6301)の株価は2,971円(2022年6月時点)だ。
100株だと「約30万円」で購入できる。
株主優待がもらえる300株になると、「約89万円」だ。

小松製作所の場合、株主優待をもらうためには、3年以上の保有が必要なため、ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引には向かない。

クロス取引についてはこちら

約89万円の投資で、約2,000円相当の株主優待がもらえるわけだから、優待利回りは0.22%だ。

少ないね。
あまり利回りを気にするような優待ではないが、欲を言えば、100株から優待があるといいね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2023年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

小松製作所[コマツ](6301)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の小松製作所[コマツ](6301)は魅力的かを見ていこう。

小松製作所[コマツ](6301)の配当利回りは3.24%だ。

100株分、約30万円投資したら→年間9,600円
300株分、約89万円投資したら→年間28,800円がもらえる。

配当は悪くないね。

最後に小松製作所[コマツ](6301)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.46%だ。

優待をもらうためには、80万円以上も投資しなければならならないので、ちょっと高いが、株主にならないともらえない非売品のミニチュアがもらえるので、株主になる喜びは感じられるかもしれない。

気になる方はチェックしてみてほしい。

小松製作所 IR情報

これから株式投資を始めてみようと思われている方は、是非以下の記事も併せて読んでみてもらいたい。

証券会社で迷うなんて時間の無駄!株を始めるならSBI証券にした方がいい理由

タイトルとURLをコピーしました