テンポスホールディングス[旧テンポスバスターズ](2751)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回はテンポスホールディングス(2751)の株主優待と配当について分析していく。

テンポスホールディングス(2751)
何がもらえる? 食事券1,000円券8枚
いつ買えばいい? 2023年4月26日
(年1回)
いくら買えばいい? 約24万円
(100株)
配当金は? 1,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.75%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

テンポスホールディングス(2751)の株主優待の内容

まずは、テンポスホールディングス(2751)の株主優待の内容だ。

テンポスホールディングス(2751)の株主優待は全国の「あさくまグループ」を含む「自社協力企業様」の食事券1,000円券8枚だ。

保有株数が100株以上の株主全員がもらえる。

この優待は年に1回、4月末日時点の株主に配布される。

例えば、あさくまでは、サーロインステーキ120gが1,880円なので、株主になると年間4枚のサーロインステーキがタダで食べられることになる。

お肉好きの人にはかなり嬉しい優待だと思う。

テンポスホールディングス(2751)とはどんな会社?

テンポスホールディングス は、主に厨房機器等を販売している企業であり、現在はジャスダックに上場している。

元々、1997年に創業者の森下篤史が脱サラ後、食器洗浄機メーカー経営を経て創業したのが始まりだった。
2011年に「株式会社あさくま」を子会社化している。

東証スタンダード。
1997年設立。

売上高は301億34百万円。
純利益は10億10百万円。
純資産は106億83百万円だ。
(2019年時点)

(参考:ウィキペディア)

テンポスホールディングス(2751)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のテンポスホールディングス(2751)の株価は、2,364円(2022年6月時点)だ。
100株だと「約24万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、テンポスホールディングス(2751)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数473円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約24万円の投資で8,000円相当の優待がもらえるので、優待利回りは3.33%だ。

なかなか良いね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、4月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2023年4月26日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、4月26日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の4月27日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

テンポスホールディングス(2751)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のテンポスホールディングス(2751)は魅力的かを見ていこう。

テンポスホールディングス(2751)の配当利回りは0.42%だ。

100株分、約24万円投資したら→年間1,000円
500株分、約120万円投資したら→年間5,000円がもらえる。

少ないね。
配当は無いと思っておいた方がよさそうだ。

配当の基準日は?

テンポスホールディングス(2751)の配当の基準日は4月末日だ。

実際の権利確定日は、2023年4月26日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にテンポスホールディングス(2751)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.75%だ。

なかなか良いね。
これなら優待目的の投資もありだと思う。
正直言って僕も欲しい。

最近は株価が一時期よりも上がってきてしまって、以前よりもお得度は無くなってしまったが、それでも利回りで3.5%を超えている。
是非気になる方はチェックしてみてほしい。

テンポスホールディングス IR情報

タイトルとURLをコピーしました