KADOKAWA カドカワ[角川、ドワンゴ](9468)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回はカドカワ(9468)の株主優待と配当について分析していく。

カドカワ(9468)
何がもらえる? カドカワ商品
いつ買えばいい? 2023年3月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約29万円
(100株)
配当金は? 3,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 1.86%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カドカワ(9468)の株主優待の内容

まずは、カドカワ(9468)の株主優待の内容だ。

カドカワ(9468)の株主優待は、文庫本や単行本などといったカドカワ商品だ。

具体的には、以下①〜⑩の中から好きなものが選べる。
実際の商品は、優待目録の中から選択できる。

①書籍3冊
②DVDまたはブルーレイ1点
③ゲームソフト1点
④角川新字源改訂新版1冊
⑤大注目 写真とイラストでわかる 大正時代をのぞいてみよう1冊
⑥テレビちゃんバスタオル1枚
⑦ムビチケ前売券GIFT(カードタイプ) 2枚セット(3,000円分)
⑧BOOK☆WALKER GIFTカード2枚セット(3,000円分)
⑨BOOK☆WALKERで使える角川文庫・ラノベ読み放題カード3ヵ月分1枚(2,500円分)
⑩ところざわサクラタウン共通商品券3枚(3,000円分)

保有株数が100株以上かつ1年以上継続して保有している株主全員がもらえる。
また、3年以上保有している株主は、以下のA〜Cのいずれかがもらえる。

A 書籍コース 書籍 合計2冊
B ムビチケGIFTコース ムビチケ GIFT(カードタイプ)1枚
C BOOK☆WALKERコース BOOK☆WALKER GIFTカード 1枚

年に1回、3月末日時点の株主に配布される。

例えば、「①文庫・新書 合計3冊」を選んだ場合、文庫・新書が約800円なので、2,400円得することになる。
本が好きな方には嬉しいね。

カドカワ(9468)とはどんな会社?

カドカワは、は、2014年10月1日に設立された持株会社だ。
ネットワークエンタテインメントコンテンツやシステムの開発・運営を行うドワンゴと、出版・映像を中心としたコンテンツ制作・販売を行うKADOKAWA、ゲーム関連出版・マーケティングを行うGzブレインを傘下に持つ。
2015年10月1日より、KADOKAWA・DWANGOより社名を変更した。

東証プライム。
2014年設立。

従業員数(連結)は4,910人。

売上高は2099億47百万円。
純利益は95億84百万円。
純資産は1295億24百万円だ。
(2021年時点)

(参考:ウィキペディア)

カドカワ(9468)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のカドカワ(9468)の株価は2,919円(2022年6月時点)だ。
100株だと「約29万円」で購入できる。

カドカワの場合、1年以上保有している株主が優待の対象となるので、ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引には向かない。

クロス取引についてはこちら

約29万円の投資で年間2,400円得するので、優待利回りは0.83%だ。

利回りを見るとかなり少ないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2023年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

カドカワ(9468)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のカドカワ(9468)は魅力的かを見ていこう。

カドカワ(9468)の配当利回りは1.03%だ。

100株分、約29万円投資したら→年間3,000円
500株分、約145万円投資したら→年間15,000円がもらえる。

配当もちょっと物足りないね。

配当の基準日は?

カドカワ(9468)の配当の基準日は3月末日だ。

実際の権利確定日は、2023年3月29日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にカドカワ(9468)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは1.86%だ。

うーん、物足りないね。
最近は株価が上がりすぎてしまって、以前のようなお得感は全くなくなってしまった。

残念だが、次に行こう。

カドカワ IR情報

タイトルとURLをコピーしました