パイロットコーポレーション(7846)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回はパイロットコーポレーション(7846)の株主優待と配当について分析していく。

パイロットコーポレーション(7846)
何がもらえる? 自社商品
いつ買えばいい? 2022年12月28日
(年1回)
いくら買えばいい? 約47万円
(100株)
配当金は? 8,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 2.06%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パイロットコーポレーション(7846)の株主優待の内容

まずは、パイロットコーポレーション(7846)の株主優待の内容だ。

パイロットコーポレーション(7846)の株主優待は、パイロット商品だ。

具体的には、①実用筆記用具セット(1,700円相当)、②株主限定仕様の高級筆記具(10,000円相当)がもらえる。

保有株数が100株以上1,000株未満の場合、①1セット。
1,000株以上の場合、①と②がそれぞれ1セットずつもらえる。

年に1回、12月末日時点の株主に配布される。

筆記用具は日頃からよく使う物なので、優待としてもらえるのは嬉しいね。

パイロットコーポレーション(7846)とはどんな会社?

パイロットコーポレーションは、筆記具や手帳などのステーショナリー事業を主軸に、「メルちゃん」シリーズで知られる幼児玩具を製造・販売を行っている企業だ。

元々、1918年に東京高等商船学校教授の並木良輔が、株式会社並木製作所を設立して創業したのが始まりだった。
1938年にパイロット萬年筆株式会社に、1989年に株式会社パイロットに商号を変更している。

2002年1月には、株式会社パイロット、パイロットインキ株式会社、パイロットプレシジョン株式会社のグループ3社が共同株式移転を行い、持株会社の株式会社パイロットグループホールディングス(現在の法人)を設立して、純粋持株会社制に移行した。

2003年に、株式会社パイロットグループホールディングスが株式会社パイロットを吸収合併したうえで、株式会社パイロットコーポレーションに商号変更し、事業持株会社に移行。
2008年には、株式会社パイロットコーポレーションがパイロットプレシジョン株式会社を吸収合併している。

シャープペンシルやボールペンはドクターグリップがヒット商品となった。
また、「消せるボールペン」フリクションボールは、2014年にはシリーズ累計10億本を突破するヒット商品となっている。

東証プライム。
2002年設立。

従業員数(連結)は2,609人。

売上高は1,030億57百万円。
純利益は142億70百万円。
純資産は1,023億48百万円だ。
(2021年時点)

(参考:ウィキペディア)

パイロットコーポレーション(7846)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のパイロットコーポレーション(7846)の株価は、4,710円(2022年5月時点)だ。
100株だと「約47万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、パイロットコーポレーション(7846)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料473円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約47万円の投資で年間1,700円相当の優待がもらえるので、優待利回りは0.36%だ。

うーん、少ないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、12月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年12月28日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、12月28日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の12月29日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

パイロットコーポレーション(7846)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のパイロットコーポレーション(7846)は魅力的かを見ていこう。

パイロットコーポレーション(7846)の配当利回りは1.70%だ。

100株分、約47万円投資したら→年間8,000円
500株分、約235万円投資したら→年間40,000円がもらえる。

配当も少ないね。

配当の基準日は?

パイロットコーポレーション(7846)の配当の基準日は6月末日と12月末日だ。

実際の権利確定日は、2022年6月28日と2022年12月28日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にパイロットコーポレーション(7846)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは2.06%だ。

少ないね。

優待としては魅力的だったが、この利回りの低さは少し残念だ。
最近は、以前よりもだいぶ株価が上がってしまって、お得感が無くなってしまった。
これだったらもっと利回りの良い銘柄に投資をして、その配当などでパイロット製品を買った方がよっぽど良いね。

次に行こう。

パイロットコーポレーション IR情報

タイトルとURLをコピーしました