ジョルダン[乗換案内NEXT](3710)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回はジョルダン(3710)の株主優待と配当について分析していく。

ジョルダン(3710)
何がもらえる? 「乗換案内PREMIUM(株主優待版)」
半年間利用権
いつ買えばいい? 2022年9月28日
2023年3月29日
(年2回)
いくら買えばいい? 約7万円
(100株)
配当金は? 600円
(100株)
優待と配当の合計利回り 6.51%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジョルダン(3710)の株主優待の内容

まずは、ジョルダン(3710)の株主優待の内容だ。

ジョルダン(3710)の株主優待は、「乗換案内PREMIUM(株主優待版)」半年間利用権(1,980円相当)だ。

年に2回、3月末日と9月末日の株主に配布される。

保有株数が100株以上の株主全員がもらえるようだ。

「乗換案内PREMIUM」は、通常のサービスでは利用できない、「改札/出口名表示」「車名/便名検索」「海外路線検索」などが利用できる。
通常は、月額300円のサービスだが、株主になればそれがタダで利用できるようになる。

普段からジョルダンの乗換案内を利用している方にとっては嬉しい優待ではないだろうか。

ジョルダン(3710)とはどんな会社?

ジョルダンは新宿に本社を置く、ソフトウェア開発会社だ。

その歴史は意外と古く、創設は1979年だ。
かつては、ファミコンソフト「クレイジー・クライマー」を開発したことで有名だ。

2003年にジャスダックに上場した。

現在の主なサービスに、「乗換案内NEXT」「ジョルダン宿泊予約サービス(今夜の宿)」がある。

東証スタンダード。
1979年設立。

従業員数(連結)は193人。

売上高は43億3,205万3千円。
純資産は46億9,876万8千円だ。
(2019年時点)

(参考:ウィキペディア)

ジョルダン(3710)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のジョルダン(3710)の株価は、660円(2022年5月時点)だ。
100株だと「約7万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、ジョルダン(3710)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料198円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

「乗換案内PREMIUM」は半年間で1,980円のサービスなので、株主になれば年間3,960円分得することになる。
約7万円の投資で優待が3,960円分だから、優待利回りは5.66%だ。

なかなか良いね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日と9月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年9月28日と2023年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、9月28日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の9月29日に現渡決済すればOKだ。
3月は3月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

ジョルダン(3710)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のジョルダン(3710)は魅力的かを見ていこう。

ジョルダン(3710)の場合、配当利回りは0.86%だ。

100株分、約7万円投資したら→年間600円
500株分、約33万円投資したら→年間3,000円がもらえる。

配当は少ないね。

最後にジョルダン(3710)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは6.51%だ。

利回りはなかなか良いね。
必要投資額も安いし、元々、乗り換え案内の有料サービスを利用していた方にとっては、持っていて損はないのではないだろうか。

気になる方は、是非チェックしてみてほしい。

ジョルダン IR情報

タイトルとURLをコピーしました