ワタミ[和民](7522)の株主優待と配当を徹底分析した!

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回はワタミ(7522)の株主優待と配当について分析していく。

ワタミ(7522)
何がもらえる? 優待食事券
いつ買えばいい? 2022年9月28日
2023年3月29日
(年2回)
いくら買えばいい? 約9万円
(100株)
配当金は? 無し
優待と配当の合計利回り 8.89%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワタミ(7522)の株主優待の内容

まずは、ワタミ(7522)の株主優待の内容だ。

ワタミ(7522)の株主優待は、ワタミグループ店舗全店で利用できる優待食事券だ。

保有株数が100株以上300株未満の場合、4,000円分(500円券8枚)。
300株以上500株未満の場合、7,000円分(500円券14枚)。
500株以上1,000株未満の場合、10,000円分(500円券20枚)。
1,000株以上の場合、15,000分(500円券30枚)がもらえる。

年に2回、3月末日と9月末日の株主に配布される。
なお、優待券の発送は5月と11月のようだ。

食べログによると、ワタミの平均食事料金は2,000〜3,000円のようなので、年に3、4回タダでワタミで食事ができることになる。
よくワタミを利用されるサラリーマンには嬉しい優待だね。

ワタミ(7522)とはどんな会社?

ワタミは、居酒屋チェーン「和民」「わたみん家」「坐和民」などを展開する会社だ。

元々、1984年に創業者の渡邉美樹が有限会社渡美商事を設立し、つぼ八とフランチャイズ契約を結んだことが始まりだった。
その後、1992年につぼ八とのフランチャイズ契約を解除し、「和民」第1号店をオープンさせている。
現在は、「和民」「わたみん家」「坐和民」を合計して、500店舗以上を展開している。

東証プライム。
1986年設立。

従業員数は連結で2,642人。

売上高は909億28百万円。
純利益は△29億45百万円。
純資産は144億81百万円だ。
(2020年時点)

(参考:ウィキペディア)

ワタミ(7522)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のワタミ(7522)の株価は、925円(2022年5月時点)だ。
100株だと「約9万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、実質、ワタミ(7522)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料198円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約9万円の投資でもらえる優待が年間8,000円相当だから、優待利回りは8.89%だ。

良いね。
かなりお得だ。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日と9月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年9月28日と2023年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、9月28日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の9月29日に現渡決済すればOKだ。
3月は3月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

ワタミ(7522)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のワタミ(7522)は魅力的かを見ていこう。

ワタミ(7522)の場合、残念ながら配当は無いようだ。

最後にワタミ(7522)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは8.89%だ。

なかなか高利回りの優良優待だ。
よく和民に飲みに行くサラリーマンの方にはきっと嬉しいね。

最近は一時期よりも株価がかなり落ち着いてきたので、今まで気になっていた方にとっては今が買い時と言えるかもしれない。

是非チェックしてみてほしい。
ワタミ IR情報

タイトルとURLをコピーしました