日本ドライケミカル[NDC](1909)の株主優待と配当を徹底分析してみた

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回は日本ドライケミカル[NDC](1909)の株主優待と配当について分析していく。

日本ドライケミカル[NDC](1909)
何がもらえる? 1,000円相当の商品
いつ買えばいい? 2022年9月28日
(年1回)
いくら買えばいい? 約16万円
(100株)
配当金は? 3,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 2.50%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本ドライケミカル[NDC](1909)の株主優待の内容

まずは、日本ドライケミカル[NDC](1909)の株主優待の内容だ。

日本ドライケミカル[NDC](1909)の株主優待は、1,000円相当の商品だ。

具体的には、以下の商品から好きなものが選べる。

1.救急セット巾着タイプ
2.サージカルマスク50枚
3.LEDランタンライト
4.ロゴス 抗菌口広ショルダー水コン16
5.ロゴス マルチツール14
6.マイレット mini-10(非常用トイレセット)
7.オリジナル缶deボローニャ
8.保存食5年サポートセットⅡ
9.こども商品券(1,000円分)
10.QUOカード(1,000円分)
11.国内災害義援金(1,000円分)

詳しくはこちら

保有株数が100株以上の株主全員がもらえる。

年に1回、9月末日時点の株主に配布される。
なお、優待の発送は1月下旬だ。

日本ドライケミカル[NDC](1909)とはどんな会社?

日本ドライケミカル株式会社(にっぽんドライケミカル)は、1955年4月23日に設立された消防車両、消防用設備メーカー。
1957年に、消火薬剤原料の重曹を供給していた旭硝子(現社名:AGC)が子会社化した。
しかし、消火薬剤の原料の変化と業容の拡大から両社の関係は希薄化。
2000年にアメリカのタイコが株式公開買い付けにより買収した(現在、資本関係は解消されている)。
以前は、マルヤマエクセル向けのOEMを実施していたが現在はモリタのみになっている。
2002年10月に、イナージェンガス消火を得意としていたタイコファイヤーアンドセキュリティージャパン(旧社名:日昭林テクノス)を吸収合併した。

東証スタンダード。
1955年時点。

従業員数は1,032人。

売上高は398億4,600万円。
純利益は15億8,400万円。
純資産は158億9,700万円だ。
(2020年時点)

(参考:ウィキペディア)

日本ドライケミカル[NDC](1909)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の日本ドライケミカル[NDC](1909)の株価は、1,640円(2022年4月時点)だ。
100株だと「約16万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、日本ドライケミカル[NDC](1909)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料263円がかかる。(SBI証券の場合)
クロス取引についてはこちら

約16万円の投資で年間1,000円分の株主優待がもらえるので、優待利回りは0.63%だ。

うーん、ちょっと物足りないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、9月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年9月28日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。
クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、9月28日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の9月29日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

日本ドライケミカル[NDC](1909)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の日本ドライケミカル[NDC](1909)は魅力的かを見ていこう。

日本ドライケミカル[NDC](1909)の配当利回りは、1.88%だ。

100株分、約16万円投資したら→年間3,000円
500株分、約80万円投資したら→年間15,000円がもらえる。

配当も物足りないね。

配当の基準日は?

日本ドライケミカル[NDC](1909)の配当の基準日は3月末日だ。

実際の権利確定日は、2023年3月29日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後に日本ドライケミカル[NDC](1909)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは2.50%だ。

うーん、微妙だね。
株主優待が好きなものを選べるのは嬉しいのだけれども、内容は1,000円分なので少ない。
正直、わざわざ優待と配当目当てに投資をしたいかというと、それほどの魅力はなかった。

気になる方はチェックしてみてほしい。

日本ドライケミカル IR情報

タイトルとURLをコピーしました