コシダカホールディングス[カラオケまねきねこ](2157)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日はコシダカホールディングス[カラオケまねきねこ](2157)の株主優待と配当について紹介する。

コシダカホールディングス(2157)
何がもらえる? 株主優待券
いつ買えばいい? 2022年8月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約7万円
(100株)
配当金は? 800円
(100株)
優待と配当の合計利回り 4.00%

株を始めるなら!オススメの証券会社です↓
【DMM 株】口座開設

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コシダカホールディングス[カラオケまねきねこ](2157)の株主優待の内容

まずは、コシダカホールディングス[カラオケまねきねこ](2157)の株主優待の内容だ。

コシダカホールディングス[カラオケまねきねこ](2157)の株主優待は、株主優待券だ。

保有株数が100株以上400株未満の場合、2,000円分。
400株以上4,000株未満の場合、5,000円分。
4,000株以上の場合、10,000円分がもらえる。
※3年以上保有の場合は、それぞれ倍額。

年に1回、8月末日時点の株主に配布される。

株主優待券は、全国のカラオケまねきねこ、ひとりカラオケ専門店ワンカラで利用できる。
普段からよくカラオケに行かれる方には嬉しい優待だね。

コシダカホールディングス[カラオケまねきねこ](2157)とはどんな会社?

株式会社コシダカホールディングスは、カラオケボックス「カラオケ まねきねこ」を運営する株式会社コシダカ、フィットネスチェーン「カーブス」を運営する株式会社カーブスジャパンなどを傘下に持つ持株会社だ。
本社機能は東京都港区に置くが、本店は群馬県前橋市。

展開するカラオケ店「まねきねこ」は、2010年に300店舗を達成し、「シダックス」を抜いて店舗数1位に躍り出た。
2018年現在店舗数・売上とも「ビッグエコー・カラオケマック」に次いで2位。
2017年7月現在で全国に500店舗を突破している。

東証一部。
2000年設立。

従業員数は833人。

売上高は433億371万1千円。
純利益は△2億3151万5千円。
純資産は445億5583万9千円だ。
(2020年時点)

(参考:ウィキペディア)

コシダカホールディングス[カラオケまねきねこ](2157)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のコシダカホールディングス[カラオケまねきねこ](2157)の株価は、704円(2022年3月時点)だ。
100株だと「約7万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、コシダカホールディングス(2157)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料198円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約7万円の投資で、2,000円相当の株主優待がもらえるので、優待利回りは2.86%だ。

なかなか良いね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、8月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年8月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、8月29日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の8月30日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

コシダカホールディングス[カラオケまねきねこ](2157)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のコシダカホールディングス[カラオケまねきねこ](2157)は魅力的かを見ていこう。

コシダカホールディングス[カラオケまねきねこ](2157)の配当利回りは、1.14%だ。

100株分、約7万円投資したら→年間800円
500株分、約35万円投資したら→年間4,000円がもらえる。

配当は少ないね。

配当の基準日は?

コシダカホールディングス[カラオケまねきねこ](2157)の配当の基準日は8月末日だ。

実際の権利確定日は、2022年8月29日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にコシダカホールディングス[カラオケまねきねこ](2157)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは4.00%だ。

なかなか良いね。
最近は株価が上がってきてしまった。
ただ、その分、配当の額も上がっているので、利回りは依然として良い水準だ。

カラオケ好きの方は、是非チェックしてみてはいかがだろうか。

コシダカホールディングス IR情報

タイトルとURLをコピーしました