日本製紙(3863)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日は日本製紙(3863)の株主優待と配当について紹介する。

日本製紙(3863)
何がもらえる? 自社商品
いつ買えばいい? 2022年3月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約12万円
(100株)
配当金は? 4,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 5.83%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本製紙(3863)の株主優待の内容

まずは、日本製紙(3863)の株主優待の内容だ。

日本製紙(3863)の株主優待は、日本製紙製品詰め合わせ3,000円相当だ。

保有株数が100株以上の株主全員がもらえる。

株主優待の配布は、年に1回、3月末日の株主が対象だ。

ティッシュやトイレットペーパー、ウェットティッシュなど、日頃から頻繁に使用するものばかりなので、嬉しいね。

日本製紙(3863)とはどんな会社?

日本製紙は、東京都千代田区に本社を置く、国内第2位の製紙会社だ。

元々別会社だった、十條製紙、東北振興パルプ、山陽国策パルプ、大昭和製紙の4社が合併する形で2003年に誕生した。

主な商品には、クリネックスティシュー、スコッティティシュー、クリネックスソフティーなどがある。(参考:ウィキペディア)

日本製紙(3863)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の日本製紙(3863)の株価は1,157円(2022年1月時点)だ。
100株だと「約12万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、日本製紙(3863)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料263円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約12万円の投資で、3,000円相当の株主優待がもらえるわけだから、優待利回りは2.50%だ。

うーん、少し物足りないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、3月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

日本製紙(3863)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の日本製紙(3863)は魅力的かを見ていこう。

日本製紙(3863)配当利回りは3.33%だ。

100株分、約12万円投資したら→年間4,000円
500株分、約60万円投資したら→年間20,000円がもらえる。

配当は悪くないね。

最後に日本製紙(3863)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは5.83%だ。

悪くないね。
優待の内容自体は、家計に助かるので非常に魅力的だ。

最近は株価が下がってきたので、以前よりは優待と配当目当ての投資をするにも、手頃になった感じはするね。
気になる方はチェックしてみてほしい。

日本製紙 IR情報

タイトルとURLをコピーしました