コメダホールディングス(3543)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日はコメダホールディングス(3543)の株主優待と配当についてご紹介します。

コメダホールディングス(3543)
何がもらえる? 電子マネー
いつ買えばいい? 2024年2月24日
2024年8月28日
(年2回)
いくら買えばいい? 約30万円
(100株)
配当金は? 5,300円
(100株)
優待と配当の合計利回り 2.43%

【DMM 株】口座開設

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメダホールディングス(3543)の株主優待の内容

まずは、コメダホールディングス(3543)の株主優待の内容です。

コメダホールディングス(3543)の株主優待は、コメダで利用できる1,000円分の電子マネーです。

対象は、保有株数が100株以上の株主全員

年に2回2月末日と8月末日の株主に配布されます。

株主優待の発送は12月下旬と6月下旬です。

コメダの場合、ブレンドコーヒーが460円なので、株主優待で年間4杯無料でブレンドコーヒーを飲むことができます。
なかなか嬉しい優待ですね。

なお、300株以上を継続して3年以上保有している株主は上記に加えて、2月に2,000円分が追加でもらえるようです。

コメダホールディングス(3543)の今後の株価が気になる方は↓も併せてご確認下さい。

「優良銘柄」コメダホールディングス(3543)の株価を分析した
気になる銘柄を分析し、その銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。本日は、コメダホールディングス(3543)について分析していきます。以下の順番で分析していきたいと思います。是非最後までご覧下さい。1.会社の説明...

コメダホールディングス(3543)とはどんな会社?

コメダは、名古屋に本社を置く喫茶店チェーンだ。

元々、1968年に創業者 加藤太郎氏が「コメダ珈琲」を開店したことがきっかけだった。
その後、1970年からフランチャイズ展開を開始。
2016年に、持ち株会社「コメダホールディングス」が東証一部に上場した。

現在では、日本国内に650店舗以上を展開している。

東証プライム。
2014年設立。

従業員数(連結)は441人。

売上高は288億3600万円。
純利益は36億0200万円。
純資産は347億9200万円だ。
(2021年時点)

(参考:ウィキペディア)

コメダホールディングス(3543)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のコメダホールディングス(3543)の株価は、2,967円(2023年9月時点)です。
100株だと「約30万円」で購入できます。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、実質、コメダホールディングス(3543)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料473円がかかります。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約30万円の投資でもらえる優待が年間2,000円相当なので、優待利回りは0.67%です。

少し物足りないですね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待は、2月末日と8月末日に株主名簿に記載されている株主に配布されます。

実際の権利日は、2024年2月24日と2024年8月28日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができます。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、2月24日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の2月25日に現渡決済すればOK。
8月は、8月28日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の8月29日に現渡決済すればOK。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

コメダホールディングス(3543)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のコメダホールディングス(3543)は魅力的かを見ていきましょう。

コメダホールディングス(3543)の場合、配当利回りは1.79%です。

100株、約30万円投資したら年間約5,300円
500株、約150万円投資したら年間約26,500円

悪くはないですね。

最後にコメダホールディングス(3543)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは2.43%です。

悪くはないですね。
ただ、最近は株価が上がってしまって、以前よりもお得度は下がってしまいました。

とはいえ、実は現在僕も保有していて、年に数回株主優待を利用するのを楽しみにしています。

是非気になる方はチェックしてみて下さい。

コメダホールディングス IR情報

タイトルとURLをコピーしました