小林製薬(4967)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日は小林製薬(4967)の株主優待と配当について紹介する。

小林製薬(4967)
何がもらえる? 自社商品
いつ買えばいい? 2022年12月28日
2023年6月28日
(年2回)
いくら買えばいい? 約78万円
(100株)
配当金は? 8,500円
(100株)
優待と配当の合計利回り 2.37%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小林製薬(4967)の株主優待の内容

まずは、小林製薬(4967)の株主優待の内容だ。

小林製薬(4967)の株主優待は、①5,000円相当の小林製薬製品詰め合わせと②通信販売10%割引だ。

100株以上保有の株主全員がもらえる。

年に2回、6月末日と12月末日の株主に配布される。

なお、300株以上を3年以上保有している株主は、上記に加えて「復興支援 選べるギフト」が追加進呈されるようだ。

優待としてもらえる芳香剤や掃除用品などは、生活していく上で必要なものばかりなので、家計に直接助かる内容で嬉しいね。

小林製薬(4967)とはどんな会社?

小林製薬は、大阪に本社を置く、医薬品・生活用品の製造販売をおこなっている会社だ。

元々、創業者の小林忠兵衛が1886年に名古屋で「小林盛大堂」を開き、雑貨・化粧品・洋酒の販売を始めたのが始まりだった。
1999年に大阪証券取引所第二部に上場し、翌2000年に東京証券取引所第一部、大阪証券取引所第一部に上場している。

主な製品には、「アンメルツ」「糸ようじ」「消臭元」「ブルーレット」などがある。

東証プライム。
1919年設立。

従業員数(連結)は3,451人。

売上高は1,680億5,200万円。
純利益は191億3,900万円。
純資産は1,726億5,700万円だ。
(2019年時点)

(参考:ウィキペディア)

小林製薬(4967)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の小林製薬(4967)の株価は、7,840円(2022年10月時点)だ。
100株だと「約78万円」で購入できる。

約78万円の投資で優待が年間10,000円相当だから、優待利回りは1.28%だ。

うーん、ちょっと必要投資額が高すぎるね。
これで10,000円相当の優待というのも少し少ない気がする。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、6月末日と12月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年12月28日と2023年6月28日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、12月28日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の12月29日に現渡決済すればOKだ。
6月は、6月28日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の6月29日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

小林製薬(4967)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の小林製薬(4967)は魅力的かを見ていこう。

小林製薬(4967)の場合、配当利回りは1.09%だ。

100株分、約78万円投資したら→年間8,500円
300株分、約234万円投資したら→年間25,500円がもらえる。

配当も物足りないね。

最後に小林製薬(4967)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは2.37%だ。

うーん、正直言って、優待や配当をもらうために80万円近い額の投資が必要というの高すぎる。

残念ながら優待や配当目当てで投資するような銘柄ではないね。

小林製薬 IR情報

タイトルとURLをコピーしました