ヤマタネ(9305)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。
今回はヤマタネ(9305)の株主優待と配当について分析していく。

ヤマタネ(9305)
何がもらえる? ①お米(3月)
②「山種美術館」カレンダー(9月)
いつ買えばいい? 2023年3月29日
2023年9月27日

(年2回)
いくら買えばいい? 約17万円
(100株)
配当金は? 5,600円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.29%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤマタネ(9305)の株主優待の内容

まずは、ヤマタネ(9305)の株主優待の内容だ。

ヤマタネ(9305)の株主優待は、①お米(3月)、②「山種美術館」カレンダー(9月)だ。

①お米は、3月末日時点で保有株数が300株以上の株主がもらえる。
ただし、もらえるお米が保有期間によって異なる。
5年未満の場合、自社製品プレミアム米2kg
5年以上の場合、厳選こだわり米2kg

②「山種美術館」カレンダー(9月)は、9月末日時点で保有株数が100株以上の株主がもらえる。

保有株数が100株だとカレンダーしかもらえないというのはちょっと残念だね。

ヤマタネ(9305)とはどんな会社?

株式会社ヤマタネ(英称:Yamatane Corporation)は、東京都江東区に本社を置く倉庫業準大手、米(コメ)の卸売大手企業である。

米の卸売は業界大手で高品質かつ安全のヤマタネブランドを確立。
また、倉庫業は準大手で文書保管に重点を置く。
日本の会社としては初めて海外引越国際規格を取得し、国境を超えた物流・引越にも強い。
そのほか、不動産業・コンピュータシステムの運用など、事業は多岐にわたる。
証券業・商品先物取引事業にも参入していた。

東証プライム。
1937年設立。

従業員数(連結)は761人。

売上高は502億円。
純利益は26億円。
純資産は362億円だ。
(2017年時点)

(参考:ウィキペディア)

ヤマタネ(9305)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のヤマタネ(9305)の株価は、1,654円(2023年1月時点)だ。
100株だと「約17万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、ヤマタネ(9305)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料263円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

ヤマタネ(9305)の場合、約17万円の投資をしてもらえる優待は、カレンダーだけなので、優待利回りは0%としておく。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日と9月末日だ。
この基準日の株主名簿に記載されている株主に配布される。

実際の権利日は、2023年3月29日と2023年9月27日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、3月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKだ。
9月は、9月27日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の9月28日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

ヤマタネ(9305)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のヤマタネ(9305)は魅力的かを見ていこう。

ヤマタネ(9305)の配当利回りは、3.29%だ。

100株分、約17万円投資したら→年間5,600円
300株分、約51万円投資したら→年間16,800円がもらえる。

配当は悪くはないね。

配当の基準日は?

ヤマタネ(9305)の配当の基準日は3月末日と9月末日だ。

実際の権利確定日は、2023年3月29日と2023年9月27日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にヤマタネ(9305)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.29%だ。

悪くはないね。
ただ、100株の投資でもらえる株主優待がカレンダーだけというのはちょっと残念だった。
とはいえ、配当がそれなりなので、配当目当ての投資もありだと思う。

気になる方は是非チェックしてみてほしい。
ヤマタネ(9305) IR情報

これから株式投資を始めてみようと思われている方は、是非以下の記事も併せて読んでみてもらいたい。
証券会社で迷うなんて時間の無駄!株を始めるならSBI証券にした方がいい理由

タイトルとURLをコピーしました