【歴代エクスプローラーⅠ全モデル解説】ロレックス投資に最適なモデルはこれだ!

ロレックス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日紹介するのは、エクスプローラーⅠだ。
エクスプローラーⅠは、ロレックスのスポーツモデルの中で最も人気の高いモデルと言っても過言ではない。

1953年からその歴史をスタートさせたエクスプローラーⅠは、2021年に発売されたモデルで7代目となった。

新品のエクスプローラーⅠを買いたい人は、現行モデルを買うべきなのか?次期型の発売を待った方がいいのか?と悩んでいる人もいるかもしれない。
一方、中古のエクスプローラーⅠを買いたいと思っている人は、歴代のどのエクスプローラーⅠを買ったらいいのだろうと悩んでいる人もいるだろう。

そこで今日は、歴代のエクスプローラーⅠを紹介するとともに、これからエクスプローラーⅠを買おうと思っている人のために、ロレックス投資の観点も含めてどのモデルを選ぶべきなのかを考察していきたい。

なお、僕は6代目となるRef.214270を現在保有している。
僕が6代目エクスプローラーⅠを購入するに至った経緯については、このブログでも度々紹介しているので、以下も併せて読んでみてもらいたい。

僕がロレックスのエクスプローラーⅠを正規店で買った理由(前編)

「時計を見ればその人の金融リテラシーが分かる」僕がロレックスのエクスプローラーⅠを正規店で買った理由(後編)

僕がロレックスの「エクスプローラーⅠ」を正規店で購入できた理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エクスプローラーⅠ歴代モデル

こちらには、歴代のエクスプローラーⅠを並べてみた。
諸説あるが、この並びがエクスプローラーⅠの歴史であるとの見方が現在では主流となっている。

エクスプローラーⅠは1953年にその歴史をスタートさせた。
それから約70年に渡って、全部で7つのモデルが発売されてきた。

ただ、こうしてそのデザインを見てみると、そのシンプルなデザインは初代から現在に至るまでしっかりと継承されたものであることが分かると思う。
逆に言うと、モデル毎のデザインの違いがぱっと見では分からない。
そこで、次からそれぞれのデザインの違いを見ていこう。

エクスプローラーⅠの各モデルの違い

初代エクスプローラーⅠ(Ref.6350)

エクスプローラーの初代と言われているのが、Ref.6350だ。
元々エクスプローラーⅠは、人類未踏の地へチャレンジする探検家(エクスプローラー)のために開発されたモデル。
そのため、余計な装飾の無いシンプルなデザインとなっている。

また、この初代のモデルから、12時位置の逆三角形や、369のアラビア数字インデックスが採用され、現在のエクスプローラーにも続くデザインの源流となっていることが分かるのではないだろうか。

2代目エクスプローラーⅠ(Ref.6610)

2代目エクスプローラーⅠとなるRef.6610は、前型のRef.6350とほぼデザインの違いが無いように見えるが、よく見るとエクスプローラーのロゴ位置が文字盤の下側から上側へと変更になっている。
このロゴの位置は、6代目まで続く。
また、デザインの特徴は外周に入ったゴールドのサークルラインとゴールドのインデックスだ。
さらに、文字盤はエナメル調となっている。

3代目エクスプローラーⅠ(Ref.1016)

3代目エクスプローラーⅠのRef.1016は、外周のサークルが消滅し、文字盤はエナメル調からマッドな黒へと変更になった。
さらに、インデックスのカラーはホワイトになり、ほぼ現在のエクスプローラーⅠのデザインがこの時点で完成していることが分かる。

なお、Ref.1016は搭載ムーブメントによって、前期型と後期型に分かれる。

4代目エクスプローラーⅠ(Ref.14270)

4代目エクスプローラーⅠのRef.14270は、キムタクがドラマで着用していたことで有名だ。
「ラブジェネレーション」と「HERO」で木村拓哉さんが実際にRef.14270を着用していたことで、日本の若者の間で一躍ロレックスブームが起きた。

デザインは、ダイヤルデザインが改良され、インデックスはメタルフレーム付きとなった。

5代目エクスプローラーⅠ(Ref.114270)

5代目エクスプローラーⅠのRef.114270は、そのデザインは4代目のRef.14270からほとんど変化が見られない。
唯一の変更としては、風防と呼ばれるガラス部分に王冠マークの透かしが入ったことだろうか。

6代目エクスプローラーⅠ(Ref.214270)

僕も保有している6代目エクスプローラーⅠのRef.214270は、これまで初代から5代目まで続いた36mmのケースサイズが、39mmへと大型化したのが最も大きな特徴だ。
それに伴い、エクスプローラーのロゴのレイアウトも文字盤の下側へ移動した。
このロゴの位置は、初代エクスプローラーⅠのRef.6350以来のレイアウトだ。

7代目エクスプローラーⅠ(Ref.124270 / Ref.124273)

2021年に発売された7代目エクスプローラーⅠは、なんとエクスプローラーⅠの歴史の中で初となるステンレス×イエローゴールドのコンビモデルが登場した。
このコンビモデルは、ベゼルやリューズ、ブレスレットのセンターリンクには18Kイエローゴールドが使用されている。
これまで、エクスプローラーⅠは、その名の通り探検家(エクスプローラー)のためのモデルだったため、不要な装飾は無いシンプルなデザインが特徴だったのだが、ここに来てデザイン性を重視したコンビモデルが発売されたことには、多くのロレックスファンを驚かせた。

もちろん従来モデルと同様のオールステンレスモデルも存在する。

それぞれの型式は、ステンレス×イエローゴールドがRef.124273。
オールステンレスはRef.124270となる。

さらに驚きの変更としては、6代目で39mmへと大型化したケースサイズが再び36mmへと変更されたのだ。
たった一代で36mmのエクスプローラーが復活したことになる。

これにより、エクスプローラーⅠシリーズの中で6代目のRef.214270が唯一39mmというケースサイズを持つモデルとなった。

「投資」として買うならどのモデル?

エクスプローラーⅠを購入したいと考えている人の中には、「投資」という観点を持っている人も多いだろう。
ロレックスのスポーツモデルの場合、他の高級時計とは違い、例え使用した後でも中古品としての価値が新品同様、もしくはそれ以上の価値となる場合も少なくない。
実際に僕も、そのリセールバリューの高さから、エクスプローラーⅠを購入することに決めた。

僕がエクスプローラーⅠを購入しようと思ったきっかけについては以下の記事で確認してもらいたい。

僕がロレックスのエクスプローラーⅠを正規店で買った理由(前編)

僕は、たまたま6代目エクスプローラーⅠ Ref.214270を手に入れたのだが、上でも紹介したように、7代目が36mmケースサイズとなったことから、39mmの6代目の希少性が増し、7代目発売以降、6代目の二次流通市場での価格は高騰した。

新型エクスプローラーⅠがついに発表!その時旧型(Ref.214270)の所有者が歓喜した訳

上の記事でも書いたが、7代目が発売された直後に、1,899,000円という価格を付けている。
当時のエクスプローラーⅠの定価が669,600円だったわけだから、その価値の上がり方が凄いということがよく分かるのではないだろうか。

その後、僕は自分の持っている6代目エクスプローラーⅠ Ref.214270の買取り価格を調べてみたのだが、中古品にも関わらず、当時購入した価格以上の価格で買い取ってもらえることが分かった。

実際の買取り見積額については以下を確認してもらいたい。

ロレックス投資は失敗だったのか?時計査定の窓口でエクスプローラーⅠの査定をしたら驚くべき結果が!

一方で、7代目と同じ36mmケースサイズの5代目エクスプローラーⅠ Ref.114270の価格はというと、Aランクの美品であっても7代目ほどの価格がついている訳ではない。
(当時の定価から考えると、十分その価値は上がっているのだが。)

つまり、投資という観点から購入するモデルを選ぶのであれば、そのモデルの希少性に注目する必要があるということだ。

このことを考えると、7代目エクスプローラーⅠのコンビモデルであるRef.124273が狙い目ではないだろうか。
というのも、エクスプローラーⅠ史上初めてのコンビモデルとなった訳だが、次期型でもコンビモデルが引き続き発売されるとも言い切れない。
もし仮に、8代目エクスプロラーⅠでコンビモデルが発売されなかったら、その時点でRef.124273がエクスプローラーⅠ史上唯一のコンビモデルということになる。
そうなると、当然その希少性から価値は上がるものと考えられる。

エクスプローラーⅠのモデルチェンジはいつか?

そうなると気になるのが、新型エクスプローラーⅠが発売になるのはいつか?ということだろう。

これまでのエクスプローラーⅠのモデルチェンジのタイミングを見てみると、直近の3つのモデルは、だいたい10年おきにモデルチェンジしていることが分かる。

ということは、新型エクスプローラーⅠが発売されるのは、2030年頃ではないかと予想できる。

つまり、2030年までに正規店で定価で7代目エクスプローラーⅠコンビモデル Ref.124273を購入することができれば、もしかしたら将来利益を得られるかもしれないということだ。
ただ、狙うモデルが決まったら、できるだけ早くそれを手に入れたいものだ。

下の記事でも書いたが、最近はロレックスのモデルの値上げが著しい。

ロレックスマラソンランナーよ急げ!ロレックスの値上げの勢いがすごいことになっている【2022年最新価格がこちら】

僕は2019年に6代目エクスプローラーⅠを当時の定価669,600円で購入したのだが、2022年2月時点のエクスプローラーⅠの定価は793,100円となっている。
たった3年で10万円以上も定価が上がってしまったのだ。
この動向を考えると、今後もロレックスはどんどんその定価を上げてくるのではないかと予想できる。

そのため、できるだけ早く欲しいモデルを手に入れないと、将来の利益はどんどん目減りしていってしまう可能性があるのだ。

ロレックスマラソンを完走するためのポイントについては以下の記事にまとめてみた。
併せて確認してみてもらいたい。

こんな人は買えない。ランナーのツイートから学ぶ。ロレックスマラソンを完走するために必要な3つのポイント

まとめ

いかがだっただろうか。
今日は、ロレックスの中でも最も人気といっても過言ではないエクスプローラーⅠの歴代モデルについて紹介するとともに、今後手に入れるのであれば、7代目のコンビモデルが狙い目だということをご説明した。
ただ、これはあくまでも8代目エクスプローラーⅠでコンビモデルが廃止された場合に、良い投資と言えるのではないかという僕の勝手な予想だ。

大事なのは、やっぱり好きなモデルを見つけ、それを身につけることだと思う。
僕の場合は、もちろん投資という観点からもエクスプローラーⅠを買おうと思ったが、それよりもシンプルでどのファッションにも合うそのデザインに惚れたことがエクスプローラーⅠを購入しようと思ったきっかけだった。

是非みなさんも自分の好きなロレックスのモデルを探してみてほしい。

タイトルとURLをコピーしました