フジオフードグループ本社(2752)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。
今回はフジオフードグループ本社(2752)の株主優待と配当について分析していく。

フジオフードグループ本社(2752)
何がもらえる? 自社PB商品や株主様優待食事券など
いつ買えばいい? 2021年12月28日
2022年6月28日

(年2回)
いくら買えばいい? 約14万円
(100株)
配当金は? 250円
(100株)
優待と配当の合計利回り 4.46%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フジオフードグループ本社(2752)の株主優待の内容

まずは、フジオフードグループ本社(2752)の株主優待の内容だ。

フジオフードグループ本社(2752)の株主優待は、自社PB商品(コシヒカリなど)や株主様優待食事券の中から好きなものが選べる。

保有株数が100株以上300株未満の場合、3,000円相当。
300株以上1,000株未満の場合、6,000円相当。
1,000株以上の場合、12,000円相当がもらえる。

年に2回、6月末日と12月末日時点の株主に配布される。

フジオフードグループ本社(2752)とはどんな会社?

株式会社フジオフードグループ本社(かぶしきがいしゃフジオフードグループほんしゃ)は、大阪市北区に本社を置く持株会社。
東証1部上場。
中核子会社の株式会社フジオフードシステム(Fujio Food System Co., Ltd.)は、大衆外食チェーンの「まいどおおきに食堂」「串家物語」「つるまる」「手作り居酒屋かっぽうぎ」というブランドを中心に、37業態の直営・FC事業の経営を行う企業である。

社長である藤尾政弘は、1979年12月に個人事業主として藤尾実業を創業。
その後、生まれ育った実家の食堂を思い、メインブランドである「まいどおおきに食堂」1号店を1988年7月にオープン。
2006年6月には中華人民共和国上海市にて出店。
同年12月には47全都道府県に出店している。
高齢者採用を積極的に行っており、50~60歳代の女性を中心にキャスティングする。
そのため、40代以上の雇用占有率は4割を超えている。

(参考:ウィキペディア)

フジオフードグループ本社(2752)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のフジオフードグループ本社(2752)の株価は、1,395円(2021年10月時点)だ。
100株だと「約14万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、フジオフードグループ本社(2752)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料263円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約14万円の投資で年間6,000円相当の株主優待がもらえるので、優待利回りは4.29%だ。

なかなか良いね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、6月末日と12月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2021年12月28日と2022年6月28日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、12月28日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の12月29日に現渡決済すればOKだ。
6月は、6月28日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の6月29日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

フジオフードグループ本社(2752)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のフジオフードグループ本社(2752)は魅力的かを見ていこう。

フジオフードグループ本社(2752)の配当利回りは、0.18%だ。

100株分、約14万円投資したら→年間250円
500株分、約70万円投資したら→年間1,250円がもらえる。

配当は物足りないね。

配当の基準日は?

フジオフードグループ本社(2752)の配当の基準日は12月末日だ。

実際の権利確定日は、2021年12月28日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にフジオフードグループ本社(2752)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは4.46%だ。

悪くないね。
配当は少ないのだが、優待がなかなか良い。

これだったら優待目当ての投資もありなのではないだろうか。

フジオフードグループ本社(2752) IR情報

これから株式投資を始めてみようと思われている方は、是非以下の記事も併せて読んでみてもらいたい。
証券会社で迷うなんて時間の無駄!株を始めるならSBI証券にした方がいい理由

タイトルとURLをコピーしました