大成建設(1801)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回は大成建設(1801)の株主優待と配当について分析していく。

大成建設(1801)
何がもらえる? 各種優待クーポン
いつ買えばいい? 2023年3月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約40万円
(100株)
配当金は? 13,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 11.3%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大成建設(1801)の株主優待の内容

まずは、大成建設(1801)の株主優待の内容だ。

大成建設(1801)の株主優待は、①軽井沢高原ゴルフ倶楽部優待クーポン、②工事請負代金・仲介手数料割引クーポン、③簡易地震リスク診断申込書だ。
詳しくはこちら

保有株数が100株以上1,000株未満の場合、①2,000円分、②30,000円相当、③1枚。
1,000以上の場合、①5,000円分、②90,000円相当、③1枚がもらえる。

年に1回、3月末日時点の株主に配布される。
なお、優待の発送は6月下旬だ。

新築工事やリフォームの予定がある方には嬉しい優待かもしれないね。

大成建設(1801)とはどんな会社?

大成建設は、日本の大手総合建設会社だ。

スーパーゼネコン5社(大成建設、大林組、鹿島建設、清水建設、竹中工務店)の一角。
戦前の大倉財閥の流れを汲みますが、現在スーパーゼネコンでは唯一の非同族会社であり、社員が会社を買い取ったという背景から、社員の会社であるという雰囲気が強いと言われている。
また、現場に与えられる権限が比較的強いそうだ。

元々、1946年に現在の社名に改名したが、創業者・大倉喜八郎の戒名「大成院殿礼本超邁鶴翁大居士」に由来する。
社名に『建設』と付けたはしりのようだ(constructionから訳出)。
超高層ビルやダム、橋、トンネル、地下鉄などの大規模な建築土木工事を得意としていますが、一般向け住宅「パルコン」「空間王」も手がけるなど、住宅事業にも進出し、高機能性の住宅として注目を浴びている。

東証プライム。
1917年設立。

従業員数(連結)は14,562人。

売上高は1兆7,513億3,000万円。
純利益は1,220億8,700万円。
純資産は7,539億1,500万円だ。
(2020年時点)

(参考:ウィキペディア)

大成建設(1801)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の大成建設(1801)の株価は、4,045円(2022年6月時点)だ。
100株だと「約40万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、大成建設(1801)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料473円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約40万円の投資で32,000円相当の優待がもらえるので、優待利回りは8.00%だ。

かなり良いね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2023年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、3月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

大成建設(1801)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の大成建設(1801)は魅力的かを見ていこう。

大成建設(1801)の配当利回りは、3.25%だ。

100株分、約40万円投資したら→年間13,000円
500株分、約200万円投資したら→年間65,000円がもらえる。

配当もなかなか良いね。

配当の基準日は?

大成建設(1801)の配当の基準日は3月末日と9月末日だ。

実際の権利確定日は、2022年9月28日と2023年3月29日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後に大成建設(1801)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは11.3%だ。

かなり高利回り銘柄だ。
最近は、少し以前に比べると株価が上がってきてしまった。
ただ、新築工事・リフォームの予定がある方は、是非チェックしてみてはいかがだろうか。

大成建設 IR情報

タイトルとURLをコピーしました