日清オイリオグループ(2602)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回は日清オイリオグループ(2602)の株主優待と配当について分析していく。

日清オイリオグループ(2602)
何がもらえる? 日清オイリオ商品詰め合わせ
いつ買えばいい? 2023年3月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約30万円
(100株)
配当金は? 9,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.50%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日清オイリオグループ(2602)の株主優待の内容

まずは、日清オイリオグループ(2602)の株主優待の内容だ。

日清オイリオグループ(2602)の株主優待は日清オイリオ商品詰め合わせだ。

保有株数が100株以上200株未満の場合、1,500円相当。
200株以上の場合、3,000円相当がもらえる。

この優待は年に1回、3月末日時点の株主に配布される。
なお、優待の発送は6月末〜7月上旬だ。

日清オイリオグループ(2602)とはどんな会社?

日清オイリオグループは、東京都中央区に本社を置く日本の製油会社だ。
家庭用食用油では、国内首位のシェアを持つ。

元々、「日清製油」という社名だったが、2002年に現社名に改称。
以前の広告や商品には「日清サラダ油」というブランドネームが付けられ、丸の中にナイフとフォークをX字に交差させたマークとともに長らく親しまれていた。
2002年にリノール油脂、ニッコー製油と3社で経営統合するに当たり、事業部門を子会社・日清オイリオとして会社分割し、現在の社名に変更して純粋持株会社化。
その後、2004年に事業子会社3社を吸収合併し、現在に至る。

なお、日清食品や日清製粉、日清紡績、日清医療食品など国内には「日清」を冠した著名な企業がいくつか存在するが、それらとの資本関係はないようだ。

東証プライム。
1907年設立。

従業員数(連結)は2,786人。

売上高は3,334億16百万円。
純資産は1,493億24百万円だ。
(2020年時点)

(参考:ウィキペディア)

日清オイリオグループ(2602)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の日清オイリオグループ(2602)の株価は、3,020円(2022年6月時点)だ。
100株だと「約30万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、日清オイリオグループ(2602)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数473円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約30万円の投資で1,500円相当の優待がもらえるので、優待利回りは0.50%だ。

うーん、少ないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2023年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、3月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

日清オイリオグループ(2602))の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の日清オイリオグループ(2602)は魅力的かを見ていこう。

日清オイリオグループ(2602)の配当利回りは3.00%だ。

100株分、約30万円投資したら→年間9,000円
500株分、約150万円投資したら→年間45,000円がもらえる。

配当は悪くはないのだが、ちょっと物足りないね。

配当の基準日は?

日清オイリオグループ(2602)の配当の基準日は3月末日と9月末日だ。

実際の権利確定日は、2022年9月28日と2023年3月29日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後に日清オイリオグループ(2602)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.50%だ。

悪くないね。
これなら優待と配当目当てに投資をするのもアリだと思う。
また、最近は株価も一時期より下がってきているので、今まで気になっていた人からするとまさに今が買い時と言えるのではないだろうか。

気になった方は、是非チェックしてみてほしい。

日清オイリオグループ IR情報

タイトルとURLをコピーしました