【株主優待廃止】フジ・コーポレーション(7605)の株主優待と配当はおすすめか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回はフジ・コーポレーション(7605)の株主優待と配当について分析していく。

ただ、フジ・コーポレーションは2022年3月に株主優待の廃止を発表している。

フジ・コーポレーション(7605)
何がもらえる? 三菱UFJニコスギフトカード
いつ買えばいい? 2022年4月26日
(年1回)
いくら買えばいい? 約12万円
(100株)
配当金は? 2,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 1.67%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フジ・コーポレーション(7605)の株主優待の内容

まずは、フジコーポレーション(7605)の株主優待の内容だ。

フジ・コーポレーション(7605)の株主優待は、三菱UFJニコスギフトカードだ。

保有株数が200株以上2,000株未満の場合、5,000円分。
2,000株以上10,000株未満の場合、10,000円分。
10,000株以上の場合、20,000円分がもらえる。
なお、1年以上継続保有している株主が対象だ。

年に1回、4月末日時点の株主に配布される。

三菱UFJニコスギフトカードは主要な百貨店・スーパー・家電量販店等で利用できるので、使い勝手も良さそうだね。
三菱UFJニコスギフトカードが利用できる店舗はこちら

フジ・コーポレーション(7605)とはどんな会社?

株式会社フジ・コーポレーション(FUJI CORPORATION)は、宮城県富谷市に本社を置くタイヤ・ホイールを中心としたカー用品店である。
1969年1月、宮城県仙台市宮千代で自動車用タイヤの修理・販売を業務とする不二タイヤ商会として創業。
1971年に法人化。
宮城県を中心に東北で店舗を展開していたが、東日本・東海・近畿と出店地域を順次拡大させている。
通信販売にも注力しており、自社の通販サイトでは自動車用品のほかに家具(一部店舗で展示している)も扱っている。
2004年12月にJASDAQに上場。
2016年1月に東京証券取引所第二部に市場変更し、同年10月に東京証券取引所第一部に指定替え。
店舗は「タイヤ&ホイール館フジ」、従来の店舗を縮小させたサテライト店「フジファイブデイズ」、輸入車や国産高級車向けなど高額商品を中心とした「タイヤ&ホイール館フジ スペシャルブランド」の3形態となっている。
タレントの近藤真彦が代表を務めるレーシングチーム・KONDO Racingのスポンサーを務め、テレビCMには近藤が出演している。
また、地元の東北楽天ゴールデンイーグルスをサポートしており、2016年は春季キャンプで冠スポンサーを務めた。

東証プライム。
1971年設立。

従業員数は488人。

売上高は351億64百万円。
純利益は25億71百万円。
純資産は159億64百万円だ。
(2019年時点)

(参考:ウィキペディア)

フジ・コーポレーション(7605)の株はいくらで買える?

現在のフジ・コーポレーション(7605)の株価は、1,177円(2022年5月時点)だ。
100株だと「約12万円」で購入できる。

フジ・コーポレーション(7605)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のフジ・コーポレーション(7605)は魅力的かを見ていこう。

フジ・コーポレーション(7605)の配当利回りは、1.67%だ。

100株分、約12万円投資したら→年間2,000円
200株分、約24万円投資したら→年間4,000円がもらえる。

配当はちょっと物足りないね。

配当の基準日は?

フジ・コーポレーション(7605)の配当の基準日は4月末日だ。

実際の権利確定日は、2023年4月26日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にフジ・コーポレーション(7605)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは1.67%だ。

うーん、物足りないね。
そもそも株主優待も廃止となってしまったのが残念だ。

配当目当てで投資をするほどでもないし、正直良いところがないね。

残念だが、次に行こう。

フジ・コーポレーション IR情報

タイトルとURLをコピーしました