【株主優待廃止】シダックス(4837)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回はシダックス(4837)の株主優待と配当について分析していく。

ただ、残念ながらシダックスは2022年2月に株主優待廃止を発表している。

シダックス(4837)
何がもらえる? 自社商品・サービス割引券
いつ買えばいい? 3月末日
(年1回)
いくら買えばいい? 約5万円
(100株)
配当金は? 1,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 1.88%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シダックス(4837)の株主優待の内容

まずは、シダックス(4837)の株主優待の内容だ。

シダックス(4837)の株主優待は、自社グループ商品、サービス20%割引券だ。

保有株数が100株以上500株未満の場合、シダックスが展開する中伊豆ワイナリー商品購入、ホテル宿泊、レストラン・売店などで利用できる20%割引券がもらえる。
また、保有株数が500株以上となると、グループ商品(15,000円相当分)がもらえるようだ。

日頃からシダックスが展開するホテルやレストランに良く行くなら良いけど、お金を使わないと得をしない優待なので、あまり魅力的ではないね。
年に1回、3月末日の株主に配布される。
なお、優待の発送は6月だ。

シダックス(4837)とはどんな会社?

シダックスは、東京都渋谷区に本社を置く、レストランカラオケ「シダックス」を展開している会社だ。

元々、1965年に創業者の志太勤が、学校・企業食堂の給食事業を運営する「冨士食品工業」を設立したのが始まりだった。
その後、1993年には、レストランとカラオケボックスを一体化した「シダックス」第1号店を開業した。
現在は、日本全国に280店舗を展開し、好きなカラオケ店ランキングでは、1位に輝いている。

東証スタンダード。
2001年設立。

従業員数(連結)は、9,281人。

売上高は1295億8500万円。
純利益は△11億2300万円。
純資産は71億0700万円だ。
(2020年時点)

(参考:ウィキペディア)

シダックス(4837)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のシダックス(4837)の株価は533円(2022年5月時点)だ。
100株だと「約5万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、シダックス(4837)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料154円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

なお、上でも書いたように、シダックスは株主優待制度を廃止することを2022年2月に発表している。

シダックス(4837)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のシダックス(4837)は魅力的かを見ていこう。

シダックス(4837)の配当利回りは、1.88%だ。

100株分、約5万円投資したら→年間1,000円
500株分、約27万円投資したら→年間5,000円がもらえる。

配当は物足りないね。

配当の基準日は?

シダックス(4837)の配当の基準日は3月末日だ。

実際の権利確定日は、2023年3月29日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にシダックス(4837)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは1.88%だ。

うーん良くないね。
株主優待が廃止された代わりに配当が設定されたが、利回りは物足りない。
残念だが、配当目当てに投資をする価値は無いね。

シダックス IR情報

タイトルとURLをコピーしました