綿半ホールディングス(3199)の株主優待と配当を徹底分析してみた

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でお得な銘柄を探していこうと思う。
今日は綿半ホールディングス(3199)の株主優待と配当について分析してみよう。

綿半ホールディングス(3199)
何がもらえる? 2,000円相当商品
いつ買えばいい? 2022年9月28日
(年1回)
いくら買えばいい? 約13万円
(100株)
配当金は? 2,100円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.15%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

綿半ホールディングス(3199)の株主優待の内容

まずは、綿半ホールディングス(3199)の株主優待の内容だ。

綿半ホールディングス(3199)の株主優待は、以下①〜⑧の中から好きなものが選べる。

①2,000円チャージ済プリペイドカード「goca」
②「お茶元胡蝶庵」煎茶セット
③「お茶元胡蝶庵」抹茶スイーツセット
④PB日用品セット
⑤PBスキンケア用品セット
⑥わたぴーグッズ
⑦佐久産コシヒカリ
⑧信州飯田味噌セット
⑨信州りんごジュースセット
⑩社会貢献活動への寄付

全て2,000円相当。

保有株数が100株以上の場合は、1点。
300株以上の場合は、2点がもらえる。

なお、半年以上継続して株を保有している株主が優待の対象となる。
毎年4月1日から9月30日までの任意の日および9月30日に株主名簿の確認がされるようだ。

年に1回、9月末日時点の株主に配布される。
なお、優待の発送は11月下旬だ。

綿半ホールディングス(3199)とはどんな会社?

綿半ホールディングス株式会社(わたはんホールディングス、Watahan & Co., Ltd.)は、綿半グループを統括する持株会社。
本社は東京都新宿区、本店(登記上本店)を長野県飯田市に置く。
傘下企業にはホームセンターを展開する株式会社綿半ホームエイドなどがある。

1598年(慶長3年)創業の綿屋を前身とし、代々の当主が「綿屋半三郎」を襲名していたことが「綿半」の由来となっている。
明治初期には金物店に転換し、その後も時代につれて事業の場を変えている。
現在では小売・建設・貿易分野が主な事業となっている。

東証プライム。
1949年設立。

従業員数は4,399人

売上高は1,023億64百万円。
純資産は134億38百万円だ。
(2018年時点)

(参考:ウィキペディア)

綿半ホールディングス(3199)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の綿半ホールディングス(3199)の株価は、1,304円(2022年4月時点)だ。
100株だと「約13万円」で購入できる。

綿半ホールディングスの場合、継続して株を保有している株主が優待の対象となるので、クロス取引には向かない。
クロス取引についてはこちら

約13万円の投資で、年間2,000円相当の優待がもらえるので、優待利回りは1.54%だ。

うーん、ちょっと物足りないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、9月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年9月28日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

綿半ホールディングス(3199)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の綿半ホールディングス(3199)は魅力的かを見ていこう。

綿半ホールディングス(3199)の配当利回りは、1.62%だ。

100株分、約13万円投資したら→年間2,100円
500株分、約65万円投資したら→年間10,500円がもらえる。

配当も少し物足りないね。

配当の基準日は?

綿半ホールディングス(3199)の配当の基準日は3月末日だ。

実際の権利確定日は、2023年3月29日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後に綿半ホールディングス(3199)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.15%だ。

悪くないね。
優待の内容も自分が好きなものを選択できるので良いし、配当もそれなりにもらえる。
これなら、優待と配当目当ての投資もありなのではないだろうか。

気になる方はチェックしてみてほしい。
綿半ホールディングス(3199) IR情報

タイトルとURLをコピーしました