J.フロントリテイリング[大丸松坂屋](3086)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日はJ.フロントリテイリング(3086)の株主優待と配当について紹介する。

J.フロントリテイリング(3086)
何がもらえる? 買い物優待カード
いつ買えばいい? 2022年8月29日
2023年2月24日
(年2回)
いくら買えばいい? 約10万円
(100株)
配当金は? 2,900円
(100株)
優待と配当の合計利回り 7.70%

株を始めるなら!オススメの証券会社です↓
【DMM 株】口座開設

スポンサーリンク
スポンサーリンク

J.フロントリテイリング(3086)の株主優待の内容

まずは、Jフロントリテイリング(3086)の株主優待の内容だ。

J.フロントリテイリング(3086)の株主優待は、①大丸・松坂屋買い物優待カードと②パルコ買い物優待カード(希望者のみ)だ。

①大丸・松坂屋買い物優待カードは、買い物時にお会計額から10%割引してもらえる。

なお、保有株数に応じて、年間の利用限度額が決まっている。

例えば、保有株数が100株以上500株未満の場合、年間で50万円分の買い物まで利用できる。
500株以上1,000株未満の場合、限度額は100万円。
1,000株以上2,000株未満の場合、限度額は200万円。
2,000株以上3,000株未満の場合、限度額は300万円。
3,000株以上4,000株未満の場合、限度額は400万円。
4,000株以上の場合、限度額は500万円だ。

②パルコ買い物優待カードは、クレジットカードとなっており、希望すると発行してもらえる。
このカードは買い物時にお会計額から5%割引となる。

年に2回、2月末日と8月末日の株主に配布される。
※8月末日の株主には、上記①大丸・松坂屋買い物優待カードの限度額の半額分となる。

なお、優待券の発送は5月と11月のようだ。

普段から大丸やパルコを利用されている人にとっては、なかなか嬉しい優待ではないだろうか。

J.フロントリテイリング(3086)とはどんな会社?

ジェイフロントリテイリング(Jフロントリテイリング)株式会社は、大丸や松坂屋、パルコなどの百貨店を展開する会社だ。

元々、大丸、松坂屋、パルコはそれぞれ独立した別会社でしたが、2007年に、大丸と松坂屋が経営統合し、「大丸松坂屋」が発足した。
2012年には、パルコの全株を取得し、傘下としている。
2017年には、GINZA SIX(ギンザシックス)をオープンし、話題となった。
(参考:ウィキペディア)

J.フロントリテイリング(3086)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のJ.フロントリテイリング(3086)の株価は、957円(2022年3月時点)だ。
100株だと「約10万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、実質、J.フロントリテイリング(3086)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料263円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

百貨店の平均客単価が4,000円とのことなので、例えば、月に1度大丸や松坂屋で4,000円分買い物をしたとすると、優待カードの利用で4,800円分得することになる。

約10万円の投資で4,800円分だから、優待利回りは4.80%だ。

なかなか良いのではないだろうか。

また仮に、100株の場合、年間で最大50万円まで利用できるので、最大限利用したとすると、年間5万円得することになる。
そうなると優待利回りはなんと50%以上。
かなりお得だね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、2月末日と8月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年8月29日と2023年2月24日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、8月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の8月30日に現渡決済すればOKだ。
2月は2月24日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の2月25日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

J.フロントリテイリング(3086)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のJ.フロントリテイリング(3086)は魅力的かを見ていこう。

J.フロントリテイリング(3086)の場合、配当利回りは2.90%だ。

100株分、約10万円投資したら→年間約2,900円
500株分、約50万円投資したら→年間約14,500円になる。

悪くないね。
優待利回りが良いので、配当もこのくらいもらえるなら嬉しいね。

最後にJ.フロントリテイリング(3086)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは7.70%だ。

かなり良いと思う。
必要投資額も10万円と、すごく高いわけではないので、普段から大丸松坂屋を利用されている方は、持っていて損はないのではないだろうか。

僕はあまり大丸松坂屋は利用しないのだが、もし普段からよく行く百貨店で、これだけの利回りがあれば、間違いなく購入を検討する。

是非みなさんもチェックしてみてほしい。

J.フロントリテイリング IR情報

タイトルとURLをコピーしました