タカショー(7590)の株主優待と配当を徹底分析してみた

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日はタカショー(7590)の株主優待と配当について紹介する。

タカショー(7590)
何がもらえる? 優待ポイントなど
いつ買えばいい? 2022年7月18日
2023年1月18日
(年2回)
いくら買えばいい? 約38万円
(500株)
配当金は? 2,300円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.82%

株を始めるなら!オススメの証券会社です↓
【DMM 株】口座開設

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タカショー(7590)の株主優待の内容

まずは、タカショー(7590)の株主優待の内容だ。

タカショー(7590)の株主優待は、①タカショー・プレミアム優待倶楽部のポイントと②優待特別販売カタログだ。

①は、株主限定の特設インターネット・サイト「タカショー・プレミアム優待倶楽部」において、ガーデニング関連商品の他、お米やブランド牛などのこだわりグルメ、スイーツや飲料類、銘酒、家電製品、選べる体験ギフトなど1,000点以上の商品から交換可能なポイントだ。

こちらの方のブログを読むと、1ポイント1円のようだね。

保有株数が500株以上700株未満の場合、3,000ポイント。
700株以上900株未満の場合、4,000ポイント。
900株以上1,000株未満の場合、5,000ポイント。
1,000株以上2,000株未満の場合、8,000ポイント。
2,000株以上3,000株未満の場合、18,000ポイント。
3,000株以上4,000株未満の場合、35,000ポイント。
4,000株以上5,000株未満の場合、50,000ポイント。
5,000株以上の場合、60,000ポイントがもらえる。

年に1回、1月20日時点の株主に配布される。

また、②は、タカショーの商品を特別販売価格で購入することができるようだ。
保有株数が100株以上の株主全員がもらえる。

こちらは、年に2回、1月20日と7月20日時点の株主に配布される。

タカショー(7590)とはどんな会社?

株式会社タカショーは、和歌山県海南市に本社を置く、ガーデニング関連製品の開発・製造・販売・輸入の大手。
ガーデニング品の取り扱いは国内トップクラスである。

タカショーは現在の社長である高岡伸夫が大阪経済大学時代の仲間4人と共に設立。
日本のガーデニング素材を世界に発信するベンチャー企業である。

(参考:ウィキペディア)

タカショー(7590)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のタカショー(7590)の株価は、764円(2022年1月時点)だ。
500株だと「約38万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、タカショー(7590)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料473円がかかる。(SBI証券の場合)
クロス取引についてはこちら

約38万円の投資で、年間3,000円相当の株主優待がもらえるので、優待利回りは0.79%だ。

ちょっと物足りないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、1月20日と7月20日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年7月18日と2023年1月18日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。
クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、7月18日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の7月19日に現渡決済すればOKだ。
1月は、1月18日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の1月19日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

タカショー(7590)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のタカショー(7590)は魅力的かを見ていこう。

タカショー(7590)の配当利回りは、3.03%だ。

100株分、約8万円投資したら→年間2,300円
500株分、約38万円投資したら→年間11,500円がもらえる。

配当は悪くはないね。

配当の基準日は?

タカショー(7590)の配当の基準日は1月20日だ。

実際の権利確定日は、2023年1月18日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後にタカショー(7590)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.82%だ。

なかなか良いのではないだろうか。
優待が500株以上からしかもらえないというのは少し残念だが、様々な商品と交換できるところが非常に魅力的だ。

気になる方はチェックしてみてほしい。
タカショー(7590) IR情報

タイトルとURLをコピーしました