塩水港精糖(2112)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日は塩水港精糖(2112)の株主優待と配当について紹介する。

塩水港精糖(2112)
何がもらえる? 自社商品
いつ買えばいい? 2022年3月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約22万円
(1,000株)
配当金は? 500円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.86%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

塩水港精糖(2112)の株主優待の内容

まずは、塩水港精糖(2112)の株主優待の内容だ。

塩水港精糖(2112)の株主優待は、「オリゴのおかげ」と「奇跡の野菜といわれるビーツをドリンクにしました」(3,500円相当)だ。

保有株数が1,000株以上の株主全員がもらえる。

年に1回、3月末日時点の株主に配布される。
なお、優待の発送は7月上旬だ。

塩水港精糖(2112)とはどんな会社?

塩水港精糖株式会社(えんすいこうせいとう)は、砂糖の製造販売を行う製糖会社。
『パールエース』印の砂糖で知られる。
1903年(明治36年)に台湾塩水港庁下岸内庄(現・台南市塩水区)に設立された製糖会社が源流。
日本で3番目に古い伝統を持つ製糖会社である。
また、台湾での創業から社名がそのまま単独で受け継がれている、数少ない企業の一つである。
1964年(昭和39年)から大洋漁業(現在のマルハニチロ)と資本提携を行っていた。
2005年(平成17年)3月には傘下を離脱、新たに三菱商事の系列となった。
澱粉を原料としたサイクロデキストリン(環状オリゴ糖)に関する技術を有し、開発した商品は甘味料における「オリゴ糖」ブームのきっかけともなった。

(参考:ウィキペディア)

塩水港精糖(2112)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の塩水港精糖(2112)の株価は、215円(2022年2月時点)だ。
1,000株だと「約22万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、塩水港精糖(2112)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料473円がかかる。(SBI証券の場合)
クロス取引についてはこちら

約22万円の投資で年間3,500円分の株主優待がもらえるので、優待利回りは1.59%だ。

ちょっと物足りないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。
クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、3月29日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

塩水港精糖(2112)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の塩水港精糖(2112)は魅力的かを見ていこう。

塩水港精糖(2112)の配当利回りは、2.27%だ。

100株分、約2万円投資したら→年間500円
1,000株分、約22万円投資したら→年間5,000円がもらえる。

うーん、配当もちょっと物足りないね。

配当の基準日は?

塩水港精糖(2112)の配当の基準日は3月末日だ。

実際の権利確定日は、2022年3月29日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後に塩水港精糖(2112)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.86%だ。

悪くないね。
ただ、株主優待をもらうために1,000株も投資をしないといけないというのは少し残念だった。

優待自体は、もらえると家計に役立つものなので、気になる方は是非チェックをしてみてほしい。

塩水港精糖 IR情報

タイトルとURLをコピーしました