ファクトフルネスから見えてくる今後僕らが投資をするべきところとは?

ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いきなりだが、みなさんは以下の質問の答えがわかるだろうか?

現在、世界には約70億人の人がいます。下の地図では、人の印がそれぞれ10億人を表しています。世界の人口分布を正しく表しているのは3つのうちどれでしょう?



 

 

 

 

答えは①だ。

なんと、世界人口の多くが今アジアに集まっているのだとか。

実はこれ、ファクトフルネスという本の中に出てくる問だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

賢い人ほど間違える「チンパンジーテスト」

この本では、ファクトフルネス(物事を正しいデータを基に読み解く力)の重要性を説いている。
人は、無意識に物事を悲観的にとらえたり、ある事象が線形で変位するのだと思い込んだりするものらしい。
そして、日々の報道や幼少期の教育によって、僕たちは間違った事実を信じ込んでしまっている。
そのことを証明するのが、冒頭で紹介した問を含む、この本で紹介されている全12問のチンパンジーテストだ。

このテストだけなら、ウェブでも見られるので、是非チャレンジしてほしい。
https://factquiz.chibicode.com

きっと自分がどれだけ無知かがわかるのではないだろうか。

なぜこのテストがチンパンジーテストと呼ばれるかというと、大抵の人が適当に回答を選んだチンパンジーよりも解答率が低いからだ。

この世界の変化の常識に関する三択の12の質問を素で回答すると、世界中の人のなんと90%が、答えが全く分からないチンパンジーに負ける、というのだ。

びっくりするのではないだろうか?

それだけ、僕らは世の中の真実を間違えてとらえているということだ。

この本では、人が間違った認識をもってしまう理由と、今世の中で起きていることの正しい姿を教えてくれる。

最近読んだ本の中で1番面白かった。
是非みなさんも手にとってみてはいかがだろうか。

今後の世界経済の中心はアジア?

では、最初の問の内容に戻ろう。

なんと、世界の人口の6割弱がアジアに集中している。
僕はこの事実を知ってあることを思った。

それは、アジアの地価は今後上昇するのではないか?

この本の内容とは別だが、ある調査では、現在は貧困層から中間層の人口が増加し、将来的には、世界の中間層の6割がアジアの中間層になると予測されているそう。

そして、2030年には、世界の中間層の消費ランキングにインド、インドネシア、中国がトップ5以内に入り、世界の消費を支えていくことになると。

つまり、企業は、世界の消費を支える、アジアのマーケットを獲得することが成功を収める第一歩なのだとか。(参考:global wing)

ということは、やはり今後アジアの地価は上がるはず。
ということで、アジアの不動産投資信託に非常に興味がある今日この頃。

調べてみると、いくつか良さそうなアジア不動産投資信託があったので、5月から少し積立投資を始めてみようかなと思っている。

タイトルとURLをコピーしました