自作のLINEクリエイターズスタンプを作って4年。何個売れた?総売上は?

ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

4,5年前にLINEスタンプを自作できるサービスが話題になったよね。
実は、僕もその時に1つだけスタンプを作ってみたんだ。

あれから4年ほどたって、売上金などはどうなったのかを久しぶりに見てみた。
今日はその結果を紹介したいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEスタンプ作りにチャレンジした

「LINE自作スタンプ販売総額12億円超え!上位10位は平均2000万円の売り上げ!」

そんなニュースを目にしたのは、4年前の夏だった。
当時はすごい話題になったよね。

それから、金に目が眩んだただの会社員によるLINEスタンプ作りがスタートし。

まず最初にルールを確認。

ふむふむ。
どうやら、スタンプ画像は全部で40個も必要らしい。
さらに、画像のフォーマットや、サイズも指定がある。

う〜ん、よくわからないけど、この辺は絵を書いた後から調整が効くのではないか?と思い、とにかく絵を描いていくことにした。

何で絵を描けばいいのか?

理系機械系出身の僕は、当然イラストレーターなんて大それたソフトは使えない。
けど、プレゼンンテーションソフト(PowerPoint、Keynote)なら大の得意。

研究論文や会社のプレゼン等で、簡単な絵ならプレゼンテーションソフトの描画ツールで描いてきたし。

よし、絵を描くツールは、自宅のMacのKeynoteに決定。

何を描くか?

さて、最も肝心なのは、何をスタンプにするかだ。

どうしようかなぁ。

「じー・・・。」

何がいいかなぁ。

「じー・・・。」

部屋の片隅から、こちらを見つめるものが。

オコジョのぬいぐるみ。

北陸出身の妻が実家に帰った時に買って帰ってきたものだ。

うん、まあまあ可愛い。
このぬいぐるみを参考にしてみようか。
(あくまで、参考にしただけ。)

キャラクター設定が大事らしい

とりあえず、描くものも、どうやって描くかも決まった。

さて、次に大事なことは、スタンプのキャラクター設定。

LINEスタンプは、コミュニケーションツールだ。
何かメッセージが伝わるような絵にしなければならない。
けど、ありきたりなものではつまらない。
何か特徴がなければ、きっと買ってもらえないし。

うーん、どういうキャラクターにしようか。

少し現在販売中のスタンプを見てみることにした。

ふむふむ。
「方言」のスタンプが人気なのか。

じゃあ、妻の地元の北陸の方言をしゃべるオコジョにしてみてどうか。
妻にアドバイスをもらいながら、方言を書いていこう。

うん、いいじゃないか。
バカ売れの予感がする。

妻のアドバイスで方向修正

ここまでの構想を妻に話してみたところ、「北陸ってそもそも人口少ないし、北陸の方言のスタンプを好んで買う人なんて、わずかなんじゃないかなぁ?」

うん、相変わらず的確なアドバイス。
北陸の方言はやめましょう。

じゃあどうしよう・・・。
そう考えながら、そのぬいぐるみを見ていると、「お前なんかにおれのスタンプが作れるのか?」と言われた気がしました。

なんだよ。
かわいい顔して、口が悪いなぁ。

けど、そのギャップ、悪くない。

ということで、『くちのわるいオコジョ』にキャラ設定は決まり。

生みの苦しみを味わう日々

ここまで決まればあとは絵を描いていくだけ。
特に絵が得意でも苦手でもない僕だけど、最初の5つくらいまでは順調にスタンプの絵が完成していった。

うん、いいんじゃないか。
これで僕にも数千万円・・・、いや、さすがにそれは期待し過ぎだ。
けど、数百万円くらいは入ってくるだろう。

なんてことを考えながら、絵を描き続けた。
ただ、ある時ピタっと、手が止まってしまったんだ。

そう、ネタ切れ。

まだ5個しか描いてないのに。

簡単なポージングは全て描き終え、あと頭に思い浮かぶのは、ど素人の僕にはハードルが高いポーズばかり。(例えば、土下座してるポーズとか。うん、難しい。)
描きやすくて、使えるポーズは無いものか。

どうしようか。
思い浮かばない。

これが生みの苦しみというやつか。

画家や作家はこんな苦しみを味わいながら仕事をしているのか。
会社員なんて楽なものだ。

そんなこんなこんなで、夏休みを全てLINEスタンプ作りに捧げ、やっとこさ完成したのが、このスタンプ。

今までに何個売れたのか?

こんな思いをしてLINEスタンプを作ったのが4年前の夏だった。

そして、現在いくつこのスタンプが売れたのだろうか。

スタンプは1つ売れると、現在は44円が作者に入る。(確か途中で基準が変わったはず。)

LINE画面を見てみると、これまでの総売上は・・・。

252円。

・・・。

5個か。

4年前夏休みを潰して作った僕のLINEスタンプ。
4年間で売れた数は5個だった。

これが現実だ(笑)

そういえば、「LINEスタンプで○○円稼いだ!」といった話、もう最近は聞かないもんね。

とはいえ、見方を変えれば、僕のようなド素人が作ったスタンプを5人の人が買ってくれたのは、とても有り難い。

今買えば、世の中にこのスタンプを持っている人はたった6人という、超レアな人になれるよ!
是非買ってね!

ってのは冗談だけどね(笑)

タイトルとURLをコピーしました