富士急ハイランド(富士急行)【9010】の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回は富士急行(9010)の株主優待と配当について分析していく。

富士急行(9010)
何がもらえる? 電車・バス・観光施設共通優待券
いつ買えばいい? 2022年9月28日
2023年3月29日
(年2回)
いくら買えばいい? 約38万円
(100株)
配当金は? 1,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.26%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

富士急行(9010)の株主優待の内容

まずは、富士急行(9010)の株主優待の内容だ。

富士急行(9010)の株主優待は、電車・バス・観光施設共通優待券だ。

この優待券は、以下施設で利用することができる。

* 電車(富士急行線)全線乗車(1枚につき片道1名乗車)
* バス全線乗車(1枚につき片道1名乗車)
* 富士急ハイランド(1枚につき1名入園、5枚につきフリーパス1枚と引換)
* ぐりんぱ(1枚につき1名入園、5枚につきワンデークーポン1枚と引換)
* さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト(1枚につき1名入園、5枚につきフリーパス1枚と引換)
* スノータウンYeti(5枚につき1日入場滑走券1枚と引換)
* あだたら高原スキー場(5枚につきリフト1日券又はゴンドラ往復券1枚と引換)
* 初島アイランドリゾート(1枚につき1名入園)
* 天上山公園カチカチ山ロープウェイ(1枚につき1名乗車(往復))
* 河口湖遊覧船・山中湖遊覧船・本栖湖遊覧船(1枚につき1名乗船)
* 初島航路(2枚につき1名往復乗船)
* フジヤマミュージアム(1枚につき1名入館)
* ふじやま温泉(2枚につき大人1名入館、1枚につき小人1名入館)
* さがみ湖温泉うるり(2枚につき大人1名入館、1枚につき小人1名入館)
* あだたら山 奥岳の湯(1枚につき1名入館)

保有株数が100株以上500株未満の場合、5枚。
500株以上2,500株未満の場合、10枚。
2,500株以上5,000株未満の場合、15枚。
5,000株以上10,000株未満の場合、25枚。
10,000株以上の場合、40枚がもらえます。
※500株以上保有及び、長期保有の場合、追加優待あり。
詳しくはこちら

年に2回、3月末日と9月末日時点の株主に配布される。

なお、優待券の発行は、5月末と11月末だ。

例えば、富士急ハイランドのフリーパス(大人)が1枚5,700円なので、年間2回優待券(10枚分)を使ったとすると、11,400円得することになる。

富士急ハイランド以外にも富士急行が展開しているアミューズメントパーク施設、スキー場、温泉で利用できるので、家族にも喜ばれそうだね。

富士急行(9010)とはどんな会社?

富士急行は、山梨県、静岡県東部を中心とする地域で、運輸、観光、不動産、流通事業などを営む会社だ。

元々、鉄道・自動車(バス)などの運輸事業を創始とする企業ですが、現在、売り上げに占める鉄道事業の割合は5%程度で、自動車事業を合わせても2割程度に過ぎず、沿線の豊富な観光資源を背景にした遊園地、ゴルフ場等の観光事業の割合が約7割を占めている。
また、鉄道事業者では数少ないファミリー企業だ。

東証プライム。
1926年設立。

従業員数(連結)は1813人。

売上高は544億5934万8000円。
純利益は21億6198万5000円。
純資産は272億5436万7000円だ。
(2019年時点)

(参考:ウィキペディア)

富士急行(9010)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の富士急行(9010)の株価は3,835円(2022年5月時点)だ。
100株だと「約38万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、富士急行(9010)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料473円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約38万円の投資で年間約11,400円得するので、優待利回りは3.00%だ。

悪くはないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日と9月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年9月28日と2023年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、9月28日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の9月29日に現渡決済すればOKだ。
3月は3月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

富士急行(9010)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の富士急行(9010)は魅力的かを見ていこう。

富士急行(9010)の配当利回りは0.26%だ。

100株分、約38万円投資したら→年間1,000円
500株分、約190万円投資したら→年間5,000円がもらえる。

配当は少ないね。

配当の基準日は?

富士急行(9010)の配当の基準日は3月末日と9月末日だ。

実際の権利確定日は、2022年9月28日と2023年3月29日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後に富士急行(9010)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.26%だ。

悪くないね。

優待の内容は、様々な施設で使えるので、使い易いと思う。
特に小さいお子さんがいるファミリーには嬉しい優待ではないだろうか。

気になる方はチェックしてみてほしい。

富士急行 IR情報

タイトルとURLをコピーしました