ストレスは仕事のパフォーマンスをアップさせる?ノルアドレナリン仕事術とは?

ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。

今日も脳科学について書きたいと思う。
前回はドーパミン前々回はセロトニンについて紹介したが、今日紹介したいのは、ノルアドレナリンについて。

ドーパミンやセロトニンなら知っているけど、ノルアドレナリンについては知らないという人と多いのではないだろうか?

ノルアドレナリンとは?

ノルアドレナリンをウィキペディアで調べると以下のようにある。

シナプス伝達の間にノルアドレナリン作動性ニューロンから放出される神経伝達物質や、副腎から血液に放出されるホルモンとして機能する。また、ストレス・ホルモンのうちの1つであり、注意と衝動性 (impulsivity) が制御されている生物の脳の部分に影響する。アドレナリンと共に、この化合物は闘争あるいは逃避反応を生じさせて、心拍数を直接増加させるように交感神経系を動かし、脂肪からエネルギーを放出し、筋肉の素早さを増加させる。(出処:Wikipedia)

ちょっと難しいが、簡単に言うと、ノルアドレナリンとは、「不快感」や「危険」を感じると分泌される脳内物質だ。
このノルアドレナリンが分泌されると、集中力がアップしたり、判断力がアップしたりする。
さらには、鎮痛効果まであるようだ。

だから、実は仕事でも、このノルアドレナリンを出すように促せると良いパフォーマンスを発揮できるようになる。

どうすればノルアドレナリンが分泌されるのか?

では、どうすればノルアドレナリンが分泌されるのだろうか。

それは、適度に緊張をすることだ。
人は、緊張をすると、ノルアドレナリンが分泌される。

よく、緊張したくないという人がいるが、極度の緊張は良くないのだけれども、適度な緊張なら、プラスでしかない。

ノルアドレナリン仕事術

普段緊張するような仕事をしていないという人がもいると思うが、そんな人は、意識的に緊張する状況を自分を追いやってやればいいんだ。

例えば、自分の仕事一つ一つに締切を設定して、「これはいつまでにやらないといけない」と自分を少し追い込んでやる。
そうすると、適度にストレスがかかり、ノルアドレナリンが出る。

すると集中力がアップする。
よく、様々な仕事術系の本で、「仕事は時間管理をしっかりしろ」とか「仕事には細かいゴールを設定しろ」と書いてあるが、それはこのノルアドレナリンの効果を得るためなのかもしれない。

最後に

ノルアドレナリンは、言ってしまえば、ストレスを感じた時に分泌されるストレス物質だ。

ただ、そんなストレス物質も、実は僕たちの能力を一時的にアップさせてくれるんだ。

だったら、それを使わない手はないはずだ。

是非、明日から自分に少し負荷を意識的にかけて仕事をしてみてほしい。
普段よりも良いパフォーマンスを出せていることに気づくはずだ。

<参考書籍>

タイトルとURLをコピーしました