伊藤園(2593)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。

今回は伊藤園(2593)の株主優待と配当について分析していく。

伊藤園(2593)
何がもらえる? 自社商品
いつ買えばいい? 2023年4月26日
(年1回)
いくら買えばいい? 約55万円
(100株)
配当金は? 4,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 1.00%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

伊藤園(2593)の株主優待の内容

まずは、伊藤園(2593)の株主優待の内容だ。

伊藤園(2593)の株主優待は伊藤園商品詰め合わせだ。

保有株数が100株以上1,000株未満の場合、1,500円相当。
1,000株以上の場合、3,000円相当がもらえる。

この優待は年に1回、4月末日時点の株主に配布される。
なお、優待の発送は7月下旬だ。

伊藤園(2593)とはどんな会社?

伊藤園は、東京都渋谷区に本社を置く、茶製品、野菜飲料、コーヒー飲料等を扱う飲料メーカーだ。

元々、1959年に早稲田大学第一法学部を卒業して東都日産モーターで自動車セールスマンをしていた、本庄正則が、日用品訪問販売会社日本ファミリーサービス株式会社を経営した。
その後、弟の本庄八郎と共に、合資会社ビーエー商会との共同出資で、静岡市神明町にフロンティア製茶株式会社を設立する。

そして、東京・上野にあったお茶屋「伊藤園」から商号を譲り受け、現社名の株式会社伊藤園に商号変更した。

株式会社本庄商事(日本ファミリーサービス株式会社から商号変更)と合資会社ビーエー商会から緑茶事業の営業譲渡を受け、製茶卸売業として発展。

1979年から、中国土産畜産進出口総公司と代理店契約を締結、烏龍茶の輸入卸を手掛け、缶入り烏龍茶を世界で初めて生産・発売、清涼飲料水市場に進出する。
その後、缶入り緑茶「煎茶」(後の「お〜いお茶」)も生産・発売。

現在の主力製品は、茶製品、野菜飲料。
飲料業界第5位。

東証プライム。
1966年設立。

従業員数(連結)は8,269人。

売上高は5041億5300万円。
純利益は144億6200万円。
純資産は1509億円だ。
(2019年時点)

(参考:ウィキペディア)

伊藤園(2593)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の伊藤園(2593)の株価は、5,480円(2022年5月時点)だ。
100株だと「約55万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、伊藤園(2593)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数920円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約55万円の投資で1,500円相当の優待がもらえるので、優待利回りは0.27%だ。

うーん、かなり少ないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、4月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2023年4月26日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、4月26日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の4月27日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

伊藤園(2593)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の伊藤園(2593)は魅力的かを見ていこう。

伊藤園(2593)の配当利回りは0.73%だ。

100株分、約55万円投資したら→年間4,000円
500株分、約275万円投資したら→年間20,000円がもらえる。

配当も少ないね。

配当の基準日は?

伊藤園(2593)の配当の基準日は4月末日だ。

実際の権利確定日は、2023年4月26日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後に伊藤園(2593)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは1.00%だ。

うーん、さすがに少なすぎるね。
必要投資額も高いし、わざわざ優待や配当のために投資するような銘柄ではなかった。

次に行こう。

伊藤園 IR情報

タイトルとURLをコピーしました