日本水産[ニッスイ](1332)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日は日本水産[ニッスイ](1332)の株主優待と配当について紹介する。

日本水産[ニッスイ](1332)
何がもらえる? 自社商品
いつ買えばいい? 2022年3月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約27万円
(500株)
配当金は? 1,100円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.15%

株を始めるなら!オススメの証券会社です↓
【DMM 株】口座開設

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本水産[ニッスイ](1332)の株主優待の内容

まずは、日本水産[ニッスイ](1332)の株主優待の内容だ。

日本水産[ニッスイ](1332)の株主優待は、ニッスイ商品だ。

保有株数が500株以上1,000株未満の場合、3,000円相当。
1,000株以上の場合、5,000円相当がもらえる。

年に1回、3月末日の株主に配布される。
なお、優待の発送は7月初旬のようだ。

びん詰や缶詰は保存も効くので、優待でもらえると、いざという時に助かりそうだね。

日本水産[ニッスイ](1332)とはどんな会社?

日本水産は東京都港区に本社を置く、水産・食品会社だ。
「ニッスイ」というブランドで商品を展開している。

元々、 1911年に田村市郎が「田村汽船漁業部」を下関に創設し、トロール漁業経営を始めたのが始まりだった。

その後、「日本捕鯨株式会社」や「日本合同工船株式会社」、「日本食糧工業株式会社」などを合併する形で、1937年に「日本水産株式会社」を設立された。

現在は、海外の水産会社を積極的に買収するなど、拡大を続けている。(参考:ウィキペディア)

日本水産[ニッスイ](1332)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の日本水産[ニッスイ](1332)の株価は、539円(2022年2月時点)だ。
500株だと「約27万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、日本水産[ニッスイ](1332)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料473円がかかる。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約27万円の投資で、優待が3,000円相当ですから、優待利回りは1.11%だ。

うーん、少し物足りないね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、3月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

日本水産[ニッスイ](1332)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の日本水産[ニッスイ](1332)は魅力的かを見ていこう。

日本水産[ニッスイ](1332)の場合、配当利回りは2.04%だ。

100株分、約5万円投資したら→年間1,100円
500株分、約27万円投資したら→年間5,500円がもらえる。

配当も物足りないね。

最後に日本水産[ニッスイ](1332)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.15%だ。

うーん、ちょっと少ないね。
500株も投資をするのだから、欲を言えば、もう少し優待を充実してもらいたいものだ。

ただ、優待の内容は非常に良かったので、株価をウォッチして、何かのタイミングで大きく下がることがあれば、検討をしてみてもいいかもしれない。
気になる方は、是非チェックしてみてほしい。

日本水産 IR情報

タイトルとURLをコピーしました