3歳の子供と「トゥーランドット游仙境」のランチを食べてきた

グルメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨日、横浜の「トゥーランドット游仙境」という中華料理屋さんでランチをしてきた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トゥーランドット游仙境とは?

トゥーランドットは、テレビ番組「料理の鉄人」や「アイアンシェフ」にも登場した脇屋 友詞さんがオーナーシェフを務めるレストラン。
脇屋さんは、現在でもテレビ番組によく出ている。
先日、「シューイチ」という番組に出演していて、その時に、MCのヒデちゃん(中山秀征)が「脇屋さんのお店は本当に美味しい」とコメントしていた。
これを聞いて、美味しい中華だったら食べたい!と思い、さっそく行ってきたんだ。

トゥーランドットは、赤坂にもお店があるみたいだけれども、僕らが行ったのは、横浜ベイホテル東急の中にあるお店。
このお店は、みなとみらい線のみなとみらい駅直結だから、雨に濡れずに行けて便利だ。

ちなみに、トゥーランドットの食べログの点は3.69だ。

駐車場は2時間まで無料

僕らは、車で行ったので、ホテルの駐車場に停めた。
ホテルの駐車場は、ホテルのレストランで食事をすると2時間まで無料となる券がもらえる。
その後は、30分毎に270円だ。

まあ、2時間もあれば、ランチだったら、十分だよね。
ご飯の後に、少しブラブラ買い物だってできるくらいと思う。

ランチコース

ランチコースは、4,750円から。
平日は、デザートブッフェが付いてくる。

コースの内容はこちら。

<前菜>
* 季節の食材のチャイナオードブル
<スープ>(※下記より選択)
* 鶏の柔らか団子の白湯スープ
* 蟹肉入りフカヒレのスープ +¥700(¥831)
<海鮮料理>(※下記より選択)
* 海老料理を本日の気分で(3つの味付けからお選びください)
* チリソース
* 塩黄韮(黄ニラの塩炒め)
* 金沙粉(ピリ辛 パン粉炒め)
* オマール海老のチリソース煮 花巻と一緒に +¥1,350(¥1,603)
* ヨシキリ鮫の胸びれの上海風煮込み +¥1,900(¥2,257)
* オマール海老の朝天唐辛子炒め +¥1,900(¥2,257)
<メインディッシュ>(※下記より選択)
* 豚三枚肉のトロトロトンポーロー 温野菜
* ホワイトアスパラの煎り焼き とろ湯葉 山椒ソース
* 白身魚のXOソース 春雨
* 牛フィレ肉の煎り焼きと温野菜のブラックペッパーソース +¥1,350(¥1,603)
<お食事>(※下記より選択)
* 辛いWakiya流坦々麺
* とってもクリーミー 豆乳坦々麺
* チャーシュー麺
<デザート>
* 游仙境のチャイナデザートお楽しみ

日によって内容は少し変わるようだ。
ちなみに、僕らが行った日は、スープが冷たいコーンスープだったのと、お食事に冷たいゴマ麺があった。

実際僕が食べた料理がこちら

僕の誕生日だったので、豪勢なプレートにのってきた(笑)

フランス料理のように、1品1品順番に出てくる。
最初の前菜は9つの料理が楽しめるんだけれども、それが、全部とても美味しかったんだ。

あとは、エビチリがピリ辛でかなり美味しかった。

やっぱり、中華街にあるような中華料理屋さんとは少し違うと思った。

けど、それより何より、トゥーランドットの凄さを感じたのは、息子用に頼んだ「五目麺」だ。
これがすごい美味しかった。

息子用に注文した五目麺

子供用で半分サイズだけれども、息子も麺をペロッと食べきった。

平日限定のデザートブッフェ

上で紹介した料理の他に、平日限定で、デザートブッフェが付いてくる。
内容は、ごま団子や、杏仁豆腐やフルーツの食べ放題。

参考:LIVING横浜

参考:LIVING横浜

僕は、ごま団子と、ココナッツ饅頭、マンゴープリン、イチゴのムース、2種類の杏仁豆腐(確か、しっとりとサラサラ?)を食べたんだけれども、これらは、美味しいけど、普通って感じだ。

子供と一緒でも平気

二人目の子供が生まれると、なかなかこういったお店にも行けないなと思って、少し奮発してみたんだけれども、行って正解だった。

3歳の息子も連れて行ったけど、店員さんも優しく、子供連れでも全然平気だったし。
また今度行きたいと思う。
次回は、自分用に五目麺を注文しようかな(笑)

中国料理「トゥーランドット 游仙境」
住所:横浜市西区みなとみらい2-3-7 3F
TEL:045-682-0361、045-682-0362
営業時間:ランチ11:30~14:30L.O.、ディナー17:30~21:00 L.O.
駐車場:あり(30分270円。金額によりサービスあり)
ホームページ:https://ybht.co.jp/restaurant/turandot.php

タイトルとURLをコピーしました