東急レクリエーション(9631)の株主優待と配当はオススメか?

株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も日本株でおトクな銘柄を探していこう。
今回は東急レクリエーション(9631)の株主優待と配当について分析していく。

東急レクリエーション(9631)
何がもらえる? 東北地方の名産品詰め合わせなど
いつ買えばいい? 2022年12月28日
2023年6月28日

(年2回)
いくら買えばいい? 約100万円
(200株)
配当金は? 3,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 4.02%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

東急レクリエーション(9631)の株主優待の内容

まずは、東急レクリエーション(9631)の株主優待の内容だ。

東急レクリエーション(9631)の株主優待は①株主本人カードと②株主家族カードと③株主優待ポイントだ。

①と②の優待カードに半年に一回保有株数に応じたポイントが貯まっていくことになる。
もらえるポイントは、以下の映画館とボウリング場で使うことができる。
映画の場合は、2ポイントで1回映画が見られる。※IMAXデジタルシアター・IMAX次世代レーザー・4DXなどは追加料金が必要
ボウリング場の場合は、1ポイントで2ゲームまでできる。

ただし、優待カードについては以下の注意点があるようだ。

* 株主優待カードを忘れると優待ポイントが使えない
* ポイントの有効期間は半年間で、余ったポイントは持ち越せない
* 公開初日から最初に到来する日曜日(祝日が連続する場合はその祝日)までは優待ポイントを使った映画鑑賞はできない
* 満員・混雑時は利用できない
(出処:ゆうはい)

【映画館】
109シネマズ富谷
109シネマズ佐野
109シネマズ高崎
109シネマズ菖蒲
109シネマズ木場
109シネマズ二子玉川
109シネマズグランベリーパーク
109シネマズ港北
109シネマズ川崎
109シネマズ湘南
109シネマズ名古屋
109シネマズ四日市
109シネマズ明和
109シネマズ箕面
109シネマズ大阪エキスポシティ
109シネマズHAT神戸
109シネマズ広島
109シネマズ佐賀
ムービル

【ボウリング場】
湘南とうきゅうボウル
葛西とうきゅうボウル

保有株数が200株以上400株未満の場合、①1枚、③18ポイント。
400株以上600株未満の場合、①1枚、③24ポイント。
600株以上1,000株未満の場合、①1枚、②1枚、③30ポイント。
1,000株以上2,000株未満の場合、①1枚、②1枚、③36ポイント。
2,000株以上6,000株未満の場合、①1枚、②2枚、③42ポイント。
6,000株以上10,000株未満の場合、①1枚、②3枚、③48ポイント。
10,000株以上20,000株未満の場合、①1枚、②3枚、③54ポイント。
20,000株以上の場合、①1枚、②3枚、③60ポイントがもらえる。

年に2回、6月末日と12月末日時点の株主に配布される。

東急レクリエーションの株を200株保有していると、年間18回もタダで映画が観られることになる。
映画は通常一般料金が1,900円なので、34,200円分も得することになるね。

映画好きの方からするとかなり嬉しい優待なのではないだろうか。

東急レクリエーション(9631)とはどんな会社?

株式会社東急レクリエーション(とうきゅうレクリエーション、英称:Tokyu Recreation Co., Ltd.)は、映画興行や不動産業を手がける東急グループの企業である。

沿革
新日本興業株式会社
* 1946年6月15日 – 新日本興業株式会社として設立。
* 1946年8月 – 四日市市にキャピトル劇場を開業。
* 1949年5月 – 東京証券取引所に株式上場。
* 1949年10月 – 池袋東洋株式会社を合併。
* 1951年10月30日 – 東京急行電鉄、新宿歌舞伎町に東京製氷株式会社(東京スケート)を設立。アイススケートリンクを経営。
* 1953年12月31日 – 新日本興業株式会社、東京製氷株式会社(東京スケート)を合併し、東急グループ入り。
* 1956年12月1日 – 上記アイススケートリンクを撤去し、跡地に新宿東急文化会館を建設。
* 1966年11月1日 – 新日本興業株式会社、株式会社東急文化会館を合併。
株式会社東急文化会館
* 1956年5月15日 – 東京急行電鉄、株式会社東急文化会館を設立
* 1956年12月1日 – 株式会社東急文化会館、渋谷に「東急文化会館」を開業
* 1957年1月19日 – 上野東急設立。下谷元黒門町(上野駅前)の映画館・上野東急を経営。
* 1960年3月1日 – 株式会社東急文化会館、泰西映画を合併。洋画の輸入ならびに配給事業に進出。
* 1966年8月1日 – 株式会社東急文化会館、上野東急を合併。
* 1966年11月1日 – 株式会社東急文化会館、新日本興業株式会社に合併される。
株式会社東急レクリエーション
* 1969年6月26日 – 新日本興業株式会社が、株式会社東急レクリエーションに商号変更。
* 1973年6月 – ホテル事業に進出。8月広島東急イン、同年10月に熊本東急インを開業。
* 1982年12月4日 – 上野とうきゅうビルの営業開始(上野東急をリニューアルオープン)
* 1988年4月 – 池袋とうきゅうビルの営業開始(池袋東急をリニューアルオープン)
* 1996年3月 – 「とうきゅうボウル」の営業開始(湘南とうきゅうボウル)
* 1996年9月 – 株式会社ティーアール・フーズ(現・連結子会社)設立
* 1997年4月 – 株式会社ティーアール・サービス(現・連結子会社)を設立
* 1998年4月 – 「109シネマズ」の営業開始(109シネマズ港北)
* 2002年8月 – 「フットボールコミュニティー」の営業開始(フットボールコミュニティー越谷)
* 2002年11月 – 「スーパー銭湯 美しの湯」の営業開始
* 2003年6月 – 渋谷東急文化会館閉館
* 2006年6月 – 相鉄ローゼン株式会社から「相鉄ムービル」(現・ムービル)の運営を継承。
* 2007年10月 – 株式会社東北新社と、映画配給事業の合弁会社・株式会社ゴー・シネマ設立
* 2011年5月 – 東京急行電鉄からの事業譲渡により、流行発信ショップ「ranKing ranQueen」(ランキンランキン)の運営を継承。
* 2011年12月25日 – 池袋東急閉館。
* 2012年4月26日 – 渋谷東急文化会館跡地に「渋谷ヒカリエ」開業。(運営は東急レクリエーションではない)
* 2012年4月30日 – 上野東急閉館。
* 2013年5月23日 – 渋谷東急閉館。
* 2014年8月3日 – 丸の内ルーブル閉館。
* 2014年12月31日 – 新宿ミラノ1・2・3、シネマスクエアとうきゅう閉館。
* 2015年1月25日 – 109シネマズMM横浜閉館。
* 2016年3月17日 – 東京急行電鉄が株式公開買付けと自己株式処分の引受により、持株比率を直接48.91%、同社子会社保有株式を含め50.10%とし、親会社となる。
* 2019年2月28日 – コンビニエンスストア事業から撤退予定。

東証スタンダード。
1946年設立。

従業員数(連結)は475人。

売上高は328億6百万円。
純利益は7億3百万円。
純資産は282億24百万円だ。
(2019年時点)

(参考:ウィキペディア)

東急レクリエーション(9631)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の東急レクリエーション(9631)の株価は、5,030円(2022年8月時点)だ。
200株だと「約100万円」で購入できる。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、東急レクリエーション(9631)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料1,025円がかかる。(SBI証券の場合)
クロス取引についてはこちら

約100万円の投資をして、もらえる優待が年間34,200円相当なので、優待利回りは3.42%だ。

なかなか良いね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、6月末日と12月末日だ。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようだ。

実際の権利日は、2022年12月28日と2023年6月28日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができる。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、12月28日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の12月29日に現渡決済すればOKだ。
6月は、6月28日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の6月29日に現渡決済すればOKだ。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

東急レクリエーション(9631)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の東急レクリエーション(9631)は魅力的かを見ていこう。

東急レクリエーション(9631)の配当利回りは、0.60%だ。

100株分、約50万円投資したら→年間3,000円
200株分、約100万円投資したら→年間6,000円がもらえる。

配当はかなり少ないね。

配当の基準日は?

東急レクリエーション(9631)の配当の基準日は6月末日と12月末日だ。

実際の権利確定日は、2022年12月28日と2023年6月28日なので、この日に株を保有していると配当がもらえる。

最後に東急レクリエーション(9631)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは4.02%だ。

なかなか良いね。
優待をもらうために200株以上の投資が必要なのはちょっと残念だが、それでも映画が何度もタダで観られるのは映画好きの人からしたらかなり嬉しいのではないだろうか。

気になる方は是非チェックしてみてほしい。
東急レクリエーション(9631) IR情報

これから株式投資を始めてみようと思われている方は、是非以下の記事も併せて読んでみてもらいたい。
証券会社で迷うなんて時間の無駄!株を始めるならSBI証券にした方がいい理由

タイトルとURLをコピーしました